体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JUJU 新アルバム『I』先行試聴会にサプライズ登場! 小田和正/平井堅からコメント到着

JUJU 新アルバム『I』先行試聴会にサプライズ登場! 小田和正/平井堅からコメント到着

 JUJUが、ニューシングル『東京』のリリース日前日に約200名のお客さんを集め、どこよりも早く、2月21日発売の7thアルバム『I』の音源を聴くことができる最速先行試聴会を開催した。

 「奇跡を望むなら…」から12年、JUJUの「歌うこと」への愛に、超大物アーティスト・プロデューサー、気鋭の若手クリエイターまでが大集結した、アルバム『I』。1月24日発売となる新曲、映画『祈りの幕が下りる時』主題歌「東京」、小田和正プロデュース楽曲「あなたがくれたもの」、平井堅として作詞、作曲による楽曲提供は初作品である、奥底に眠る悲哀を掘り起こす名バラード「かわいそうだよね(with HITSUJI)」等、新曲6曲含む、全13曲の全貌を初公開したプレミアムな一夜であった。

 MCはJ-WAVEでもMCをつとめる渡辺佑(わたなべたすく)がつとめ、全13曲の楽曲が初OAされた後、ステージの幕が開き、JUJU本人がサプライズ登場。M-1では小林武史プロデュース楽曲「いいわけ」、M-2で新曲「東京」をライブ初披露すると、お客さんの目からは涙も。

 ライブ後には公開数日で約50万再生を記録し話題となっている、JUJUも涙したという「東京」のドラマMVがスクリーンでOAされると、またしてもお客さんの目には涙が、涙涙、感涙の先行試聴会となった。

 なお、7thアルバム『I』のスペシャルサイトもオープンしている。

◎コメント
<小田和正>
JUJUの新しいアルバムに参加させてもらいました。
10年近くのつきあいになりますがずっとカバー曲をやってもらってきたので、こうして新しい曲をはさんで向かい合うのは初めて。
培ってきたJUJUへの勝手な想いを伝え確認しながらの作業、そのすべてを受け入れ懸命に歌ってくれて、とてもステキな歌に仕上がりました。

<平井堅>
僕は元々曲を書く事が得意じゃなくて、曲提供の依頼が来る時は生意気なのですが、基本お断りしておりまして(自信も無いし、責任も持てなので(汗))、
今回も最初はお断りしようかと思ったのですが、スナック仲間のJUJUちゃんの頼みなら一肌脱ごうと奮起し(笑)、気に入らなかったらボツにして下さいと一言添えて、ダメもとでエンヤコラと書き上げました。
美しい、切ないJUJUナンバーは既に沢山あるので、今までの彼女に無い、泥臭い、心の嗚咽の様な曲を目指したつもりです。
作者の思惑通り、いや、それ以上のやさぐれ感を漂わせ、見事に歌い切って下さったボーカリストJUJUにただただ感謝です。

◎リリース情報
シングル『東京』
2018/1/24 RELEASE
<初回生産限定盤(CD+DVD)> AICL-3475~76 2,000円(tax in.)
<通常盤(CD)> AICL-3477 1,280円(tax in.)
http://www.jujunyc.net/

アルバム『I』
2018/2/21 RELEASE
<初回生産限定盤(CD+DVD)> AICL-3489~3490 4,104円(tax in.)
<通常盤(CD)> AICL-3491 3,240円(tax in.)
http://www.jujunyc.net/special/I/

関連記事リンク(外部サイト)

JUJU ノンフィクションドラマ仕立ての新曲「東京」ミュージックビデオ公開
JUJU ニューアルバム『I』リリース&全国ホールツアー決定
JUJU 約2年ぶり全国ホールツアーは全44公演! 矢沢あいイラスト使用ムービーが約60万再生

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。