体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドン発、人気兄弟バンドのアルバム制作の秘訣

ロンドン発、人気兄弟バンドのアルバム制作の秘訣
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。1月22日(月)のオンエアでは、ロンドンから兄弟バンド、Kitty, Daisy & Lewisをお迎えしました!

生まれた順番はバンド名と異なり、Daisy、Lewis、Kittyの順だそうです。まだバンド名を付けていなかった時にフェスに出演することになり、勝手に付けられたのだとか(笑)。

もともと、両親が音楽に関わっていたこともあり、家にはさまざまな楽器があったそうで、メンバーも色々な楽器が弾けます。「ウクレレが弾ければ、弦をいくつか足したものがギターになるわけだし、その流れでベースも弾けるようになるし、ドラムは音符を覚える必要がないし、ピアノも練習さえすればできるよ」とのことでした。

兄弟で活動すると、お互いのことをよく知っているだけでなく、音楽的にもお互いをよくわかるという利点があるそうです。「曲を作る時に、『このギターのフレーズはLewisに弾いてほしい』『このドラムだったらDaisy』といった感じで作っていけるのも良いところ」と語っていました。

また、アルバム制作にあたっては、別々に作った曲を持ち寄ることにしていて、それまではどんな内容なのかは全く分からないそう。昨年9月に発売されたアルバム「SUPERSCOPE」については、非常にポジティブな作品でネガティブな曲がなく、「人生は色々な事があるから、たまには明るいものに囲まれて、ネガティブなことを忘れるのも重要なのでは」とのこと。

収録曲に関しては、例えば、最初はアルバムにいれるつもりはなく、B面やボーナストラックに入れるくらいに考えていたものが、作っているうちに良くなっていって収録するようになったり、逆に弾かれてしまう曲もあったり…と、アルバム制作の裏側も明かしてくれました。

さらに、音楽のルーツをお聞きしました。LewisはT. Rexの「Telegram Sam」。子どもの頃から母親がよく聞いていて、理由は「サビもつかみも良いしシンプルだから」。

Daisyは、父親がよくギターで演奏してくれたという、The Lovin Spoonfulの「Daydream」。Kittyは、Sonny Boy Williamsonの「Polly Put Your Kettle On」で、おばあちゃんの家で見つけて「このレコード持って帰っていい?」と聞くと「ダメ」と言われたものの、持って帰ったしまったそうです(笑)。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy