体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イスラエル空軍のF-15Iが導入20周年を迎える

イスラエル空軍のF-15Iが導入20周年を迎える

 イスラエルの主力戦闘爆撃機、F-15I「ラーム(Ra’am)」が2018年1月に導入から20年の節目を迎えました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 F-15Iは、F-15Eストライクイーグルのイスラエル向け派生型。1994年に21機(1995年に4機追加され、合計25機)の導入が決定されたのち、1997年9月12日に実機が初飛行。1998年1月19日、F-15とF-4にエスコートされた最初の2機が、イスラエルのハツェリム空軍基地に到着しました。愛称の「ラーム」とは「稲妻」の意味です(同じように稲妻の愛称を持つF-35ライトニングIIは、イスラエルでは「素晴らしい」の意味を持つ「アディール(Adir)」の愛称になった)。

 F-15Iは第69飛行隊「ハンマーズ」で運用され、2006年のレバノン侵攻(イスラエル側では「第2次レバノン戦争」と呼称)ではヒズボラへの地上攻撃で重要な役割を果たしています。また、2008年〜2009年のガザ紛争でも、ハマスへの夜間攻撃など、その能力を発揮しました。

 導入から20年となり、イスラエル空軍は将来にわたって能力を維持するための近代化改修計画(MLU)を検討しています。新しいレーダーへの換装や電子戦能力の付与など、内部が刷新される予定であり、導入が進むF-35と車の両輪となって、イスラエル空軍の重要な戦力として活躍が続くことでしょう。

PHOTO:IAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

海上自衛隊の「最高機密」大公開!日本を守る最強レシピ集『艦めし』
【レッドブル・エアレース】2018年シーズンはVR映像でライブ中継を楽しもう!
ニュージーランド陸軍特殊部隊が新型車両を導入

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。