体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

可愛いカレーライスが作れる『myフォルム あ~ん!ぱくっ!』

可愛らしい動物が大きなお口を開けてあ~ん!お皿の上で可愛いごはん型が作れるキットが登場した。

簡単&可愛い!大きなお口に盛り付けて!

アーネスト『myフォルム あ~ん!ぱくっ!』(税込1,296円・2018年1月20日新発売)は、手では難しいご飯の成形が簡単に作ることが出来るキット。色々な具材を大きな口に盛り付けることが出来る。カレーをはじめ、シチュー、オムライス、中華丼、牛丼などの盛り付けに。おかずを盛り付けてお子様ランチ風など、様々なバリエーションも楽しめる。

2種類のごはん型が入っているよ!

ごはん型はパンダ型とネコ型の2種類入っており、のりやチーズなどの食材をパーツにカット出来るカッターもそれぞれ入っている。セット内容は、パンダご飯型、ネコご飯型、パンダカッター、ネコカッター、カッターマット、使用説明・使い方ガイド。

左(黒)…パンダ型 右(白)…ネコ型

ごはん型はどちらも内側が凸凹しており、ご飯がくっつきにくい仕様。

パーツがカット出来るカッターも充実!

簡単に目や鼻がカット出来るカッターもそれぞれに合わせて2種類用意されている。

パンダカッター:左(のり面)右(しょくざい面)

カッターは表と裏で刃の形状が異なっており、のり用・食材用と使い分けることが出来る。

ネコカッター:左(のり面) 右(しょくざい面)

基本の作り方でごはん型を作ってみよう!

まずはパンダ型。型を水で濡らし、ご飯を入れる。ご飯の量は約160gということで計ってみると、167g。軽くお茶碗1杯分なので、子供が食べる分量にもちょうど良い。

お皿の上に置き、型を取る。

カッターマットの上で海苔をカット。

抜いたパーツを飾り付けて出来上がり。

ネコ型も作り方は同じ。

口の部分にカレーを盛り付けてみる。大きめのスプーンなどで盛り付けてると綺麗に仕上がる。

ご飯が綺麗に成形出来ているので、カレーが漏れてくることなく作ることが出来た。ハムやチーズなどの食材をカットしたり、パーツを組み合わせることで表情を変えたりと様々なバリエーションが作ることができる。

色んな動物が作れるよ!

また、アレンジとしてご飯に食材などを混ぜて色をつけることで、パンダ型ではパンダ・くま・カエルなど、ネコ型では、ネコ・ぶた・犬・トラなども作ることが出来る。

とにかく簡単に作れるのがポイント。お皿の上で動物がお口を開けているのが可愛らしく、子供が喜ぶこと間違いなし。目や鼻がカット出来るカッターはお弁当作りなどにも活用できる。購入はこちらから。

 

【材質'(耐熱温度)】
パンダ・ネコご飯型:ポリプロピレン(120℃)
パンダ・ネコカッター:ABS樹脂(80℃)
カッターマット:シリコーンゴム(180℃)

食器洗い機、食器乾燥機は使用不可。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

簡単!『ごパンダ』で可愛いパンダごはんとパンダサンドイッチを作ろう!
『おにぎりでクリスマス!』で簡単に可愛くサンタとトナカイのおにぎりを作っちゃおう!
食べ盛りも大満足!『わんぱくおにぎり Paku×2』で特大まんまるおにぎりを作っちゃおう!
これひとつで計量から味噌溶きまで出来る『くるくる味噌とっきー』
振ってからシュッ!美髪オイル&補修ウォーター『ハイム ヘアミスト』を実際に使ってみた!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。