体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「やる気スイッチ先生コンテスト」優勝の現役大学生講師に聞く“コミュニケーションスキル”の磨き方【バイトの達人】

IEスクール IEスクール

性格診断テストをもとに、一人ひとりの性格に合わせた指導を行う個別指導学習塾・スクールIEで、昨年「やる気スイッチ先生コンテスト」が開催されました。全国の約2万人の講師達が、教えるスキルだけでなくコミュニケーションスキルも競い合ったこのコンテストの数学部門で、見事優勝を果たしたのが、大学3年生の和知悠平くん。コミュニケーションスキルを高める術と将来への役立て方を、聞きました。

 

否定の言葉を使わず、生徒と発展的なコミュニケーションを取ることの大切さ

スクールIEもともスクールIEの生徒だった和知くん。「昔はいたずらばかりして、先生に迷惑をかけていました(笑)」

――スクールIEでアルバイトをしようと思ったきっかけは、何だったんですか?

実は、小学4年生から高校3年生まで、生徒としてスクールIEに通っていました。中学まではバスケットボールしかしていなくて、勉強をほぼしていなかったんですよね。高校に上がって大学進学を意識した時に、スクールIEの先生が夢の話を通じて勉強する意味を教えてくれて、モチベーションを上げてくれたんです。

――その先生のおかげで、無事に大学に合格できたんですね。

そうなんです。先生に助けてもらったので、僕も同じことを下の世代にしてあげたくなったし、先生や教室にも恩返ししたいと思って、講師になることを決めました。大学1年生の4月から、スクールIEで働いています。スクールIE「中高生は将来がイメージしにくいと思うので、自分の経験も踏まえて目標を立てる意味を伝えると想像しやすく、やる気も上がると思います」

――働き始めてから、塾講師のイメージは変わりましたか?

生徒の時は、講師は勉強を教えればいいと思っていたんですけど、いざ教える側になってみると、勉強以外の話もしながら生徒のモチベーションを上げなきゃいけないことを知りました。その子の人生もかかっていますし、難しい仕事という印象に変わりましたね。

――勉強以外の話とは?

「なんで勉強しなきゃいけないの?」と聞いてくる生徒もいます。その疑問を抱いたままだと、勉強も受験も楽しめなくて意味がないと思うんです。だから、“夢を達成するための道具”として勉強を捉えられるように、夢の話をしますね。あと、その生徒が学校でどういう状況にいるか知るために、日常の話も聞くようにしています。その過程で信頼関係を築ければ、学習計画も立てやすくなるし、勉強もスムーズに進むようになります。

――働き始めた頃は、苦労したのではないですか?

生徒とのコミュニケーションは苦労しました。もともと周りから「うまくしゃべれない人」と言われることが多くて、講師としてもデメリットになる部分だと思っていたんです。でも、生徒としゃべらないと何も始まらないし、そう言われ続けたまま大学を卒業するのも嫌だったので、指導がうまい講師と生徒との会話を重点的に見させてもらって、改善しました。

――他の講師の指導を見て、学んだことは?

生徒に信頼されるために、否定の言葉を使わないということです。例えば「宿題やってこなかった」と言われた時に、「ダメじゃないか」と怒るのではなくて、「何があったの?」と理由を聞くようにしました。「でも」を使わず、相手を肯定するところから始めると、何でも話してくれるようになるんです。あと、目標を持たせること。志望校合格という目標のために、まずは数学の二次関数を理解するなど、より身近な目標を設定していくと、生徒も一つずつ達成しやすくなるので、その導き方を学びました。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。