体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリメッコに囲まれ北欧気分!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
旅をしたときに、強く思い出に残るシーンがあります。それは旅先での出会いや風景、お店だったりするでしょう。

実はそのように印象に残る場所が、静岡県の天竜浜名湖鉄道「都田」駅にあります。この駅にはまるで北欧を訪れたような気分になれる「駅Café」があるのです。

今回は旅の思い出の1ページを鮮やかに彩ってくれる「miyakoda駅Cafe」をご紹介します。

まるで北欧の小さな駅のよう、都田駅にある「miyakoda駅Cafe」

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
都田駅を下車すると、そこには北欧の人気デザイン、マリメッコがいっぱいのカフェ「miyakoda駅Cafe」があります。このカフェスペースと都田駅は都田建設がリノベーションを施工し、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
(C) Ayami

駅の待合室には天井には大きな木製のシャンデリアがありインパクト大。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
(C) Ayami

また駅とカフェスペースのどちらにも、マリメッコのファブリックパネルがオシャレに貼られていて、カラフルでありながらも温かみを感じます。このファブリックパネルはすべて手作りなのだそう。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
(C) Ayami

カフェスペースの壁にオシャレに貼られたマリメッコのファブリックパネル。ひとつひとつがまるで絵画のようですね。

ワンコインでドリンクと手作りクッキーを味わえる

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
(C) Ayami

カフェの食器はマリメッコの製品を使用していてキュート。ドリンクと手作りクッキーのペアリングも500円で味わえてお得です。サクサクとした程よい甘さのクッキーはコーヒーや紅茶との相性も抜群。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
カフェスペースには円形のテラス席も2席あり、ローカル列車の往来を眺めながら、のんびりと過ごすこともできますよ。

都田駅周辺はまるで北欧の田舎町のような光景が広がっている

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
都田駅周辺はフィンランド人も思わず「フィンランドよりもフィンランドっぽい!」と言ったほど、北欧の田舎町を彷彿させるレストラン、ショップが点在しています。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
こちらは「ドロフィーズカフェ」。北欧インテリアに囲まれながら、ゆっくりと身体にやさしいナチュラルフードを堪能できます。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
暮らし、食や料理、デザイン、インテリア、アートなどの書籍が揃っている「蔵で旅するbook store」も素敵! この書店は築100年を越える古いお蔵をリノベーションしたもので、一歩足を踏み入れると、時間を忘れて読書に没頭してしまいますよ。

国内にある北欧!静岡・都田駅の「駅Café」が素晴らしかった
「ドロフィーファブリック」では、マリメッコなど北欧のファブリックも購入可能。カーテンの相談も受け付けしています。

そのほかにもマリメッコや北欧のスローライフがコンセプトのインテリアショップ「ドロフィーズインテリア」、マリメッコの正規取扱店「マリメッコギャラリー」などもあり、都田駅周辺を歩くだけでテンションがアップ!

北欧を旅したくなったら、ぜひ浜松市北区都田町を訪れてみてくださいね。都田駅で下車した瞬間から、プチ北欧への旅が始まりますよ。

miyakoda駅Cafe
定休日 火・水・木
営業時間 11:00〜16:00 ※予約不可
ラストオーダー 15:30
公式ホームページ:http://dlofre.jp/cafe-restaurant/eki-cafe/

取材協力:都田建設

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。