体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼が思わずOKしてしまうデートの誘い方

彼が思わずOKしてしまうデートの誘い方
気になる男性との距離を縮めたいけれど、相手から近づいてくる雰囲気はない…。ならば、女性が動くしかありません!

でも、女性からデートに誘うのって、なかなかハードルが高いもの。気負わず言えて、男性もごく自然にOKと言ってくれそうな、いい誘い方はないものでしょうか?

 

20〜30代の女性に「気になる男性を、自分からデート(ふたりだけの外出)に誘ったことはある?」と聞いてみたところ、41%の人が「ある」と回答。「誘った結果はどうだった?」との質問には、「デートに誘ってOKをもらい、実際にデートしたけれどお付き合いには発展しなかった」が41%と最も多く、続いて「デートに誘ってOKをもらい、その後付き合うことになった」(34%)、「デートに誘ってOKをもらい、その後付き合い結婚した」(19%)の順に。「あいまいにごまかされてデートは実現しなかった」は5%にとどまり、大半の方がデートに連れ出すことに成功したようです!

 

■ご飯やお酒、話題のスポットに「気軽な感じで誘った」との声多し

 

どうやって誘ったのか、具体的に聞いてみました!

 

●「ふたりきりになったタイミングで、ご飯行きましょう!とか一緒にカラオケ行きたいです!とかストレートに言う」(22歳)

●「食の好みについて話した時に、今度それを食べに行こうとか、そこそこ付き合いがある人には久しぶりにご飯でもどう?とか。同性に言うみたいに、とにかく軽い感じで」(30歳)

●「映画好きな男性に、最近気になっている映画があるか聞いて、それに便乗して遠回しで誘った」(26歳)

●「どこどこに行きたいから一緒に行ってくれませんか、他に気軽に誘える人がいないんです、とお願いした」(23歳)

●「会話の中に出てきたスポットに誘う。話題の映画の話をしていたら、今度それ見に行かない?というふうに」(27歳)

●「同じ趣味だったので、教えを乞う形でお出掛けを誘った」(34歳)

 

全体的には、ご飯に行こう、飲みに行こうなどと気軽に誘ったという声が目立ちました。

 

■誘い文句に「理由付け」があればOKをもらいやすくなる

 

皆さんの誘い方も功を奏しているようですが、さらに確率を上げるため、心理学博士の伊東明先生に心理学的な側面からの「より成功しやすい誘い方」を解説いただきました!

 

「『誘う』というのは、心理学的には『説得』分野に相当します。説得においては『理由付け』が重要であることがわかっています。つまり、デートの誘いをOKしてほしいと思ったら、納得してもらうための理由付けを行うとよいのです。

例えば、単に『○○に行きませんか?』と誘うよりも、『○○に行きませんか? なぜならこういう理由だから』と理由付けを意識すると、よりOKがもらいやすくなるのです。例えば、『立ち飲みバルに行ってみたいんだけど、一緒に行ってくれる人がいないから付き合ってくれない?』『一人だとちょっと行きにくいから一緒に行ってくれない?』などと誘えば、そういう理由ならば付き合ってあげようか…と思ってもらいやすいでしょう。

逆の立場を考えてみるとわかりやすいですよ。何とも思っていない男性に『飲みに行こうよ』と誘われるよりも、『スイーツが好きなんだけど男一人では行きにくいんだよね…よかったら、○○っていうケーキ屋さんに一緒に行ってくれない?』と言われる方が、OKしやすくなりませんか?」

 

なるほど! 確かにストレートに誘われるよりも、気持ちが動きますね。

そして、さらに「敷居を下げる」とOKをもらえる確率がぐんと上がるのだとか。

 

「前述の誘い文句に、例えば『会社帰りの1時間程度でいいから行かない?』とか『2杯くらいで満足するから行かない?』などと付け加えれば、1時間程度ならばいいか…と思えるものです」

 

■相手の得意分野で「誘う」のも効果あり!

 

アンケートの回答にあった「相手の得意分野を調べて、教えを乞う形で誘う」というのも有効とのこと。

 

「男性はプライドの生き物。自分が得意なことを褒められ、教えてほしいと言われるとついOKしてしまうものです。野球やサッカー好きであれば『○○さん、野球に詳しいんですよね?生で観戦したことがないので、球場に連れて行ってくれませんか?』、IT系に詳しければ『パソコンを買い替えたいんだけど何がいいかわからなくて…○○さんは超詳しいと聞いたので、買うの付き合ってくれませんか?』などと誘えば、相手は嬉しくなり、張り切って誘導してくれるでしょう」

 

ちなみに、ふたりでのお出掛けに連れ出すことができたら「連れ出したテーマ」で話を広げるのが◎だとか。「立ち飲みバルに行ったならば、他の立ち飲み店の情報交換で盛り上がれば『今度はそこに行こう』という流れに持っていきやすいし、野球デートであればふたりで楽しく応援し『すっかりハマっちゃった! また来たいな〜!』とか『今度は違う球場にも行ってみたい!』などと言えば次につながる可能性は大です」とのこと。

 

相手の男性がまだ自分のことをよく認識していなかったり、恋愛の対象までには見ていなかったりする場合でも、一度誘い出したらこっちのもの! 思い切りその場を楽しんで次につなげれば、彼女候補になれるかも!?です♪

 

 

【取材協力】

伊東 明さん

(株)東京心理コンサルティング代表。ビジネス心理学および男性・女性心理学を専門とし、企業研修やコンサルティング、メディア出演や雑誌連載などで幅広く活躍中。『男は3語であやつれる』(PHP研究所)、『女が結婚するまでに考えておきたいこと』(大和書房)など、70冊以上の著作がある。

 

 

【データ出典】

結婚・恋愛に関するアンケート 2017/10/31〜11/1実施

有効回答数:312人

(インターネットによる20〜30代女性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

ふたりきりで食事…どこからデートなの!?
もしかして誘ってるんじゃないの?エピソード
伝え方がポイント!モテ男をデートに誘う方法

セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。