体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の寒さも何のその! 「アウトドア宴会」の達人にはクライスラー グランドボイジャーがよく似合う

▲およそ30年にわたって登山、釣り、サーフィンなど、様々なアクティビティを楽しんできたshimoncampさん。愛車は、アメリカでダッジ キャラバンと呼ばれるミニバンの4代目で、正規輸入されていたロングボディのグランドボイジャー。2011年に中古車を約200万円で購入した

▲およそ30年にわたって登山、釣り、サーフィンなど、様々なアクティビティを楽しんできたshimoncampさん。愛車は、アメリカでダッジ キャラバンと呼ばれるミニバンの4代目で、正規輸入されていたロングボディのグランドボイジャー。2011年に中古車を約200万円で購入した

大勢で過ごすための工夫がいっぱい

真冬のキャンプは辛い。じっとしていることが多いし、寒さ対策をしっかりしておかないと体がもたない。それでもShimoncampさんは、大型のテントをフィールドに持ち込んで、キャンプ仲間と長い夜を楽しんでいる。この「寒いけど楽しい」感覚は、実際に体験してみないとわからない。

「大型テントは北欧の『ヒルバーグ』というブランドのもの。グループ登山のベースキャンプにも使われるテントなので、風に強く、たためば小さくなります。寝るときは、一人用テントを中に入れています」

▲こちらは就寝用のテントで、やはり「ヒルバーグ」製。サンドベージュのカラーは人気が高い

▲こちらは就寝用のテントで、やはり「ヒルバーグ」製。サンドベージュのカラーは人気が高い

大型テントには石油ストーブも持ち込む。もちろん換気に注意しながら使っているが、いくつものテーブルやクーラーボックスをシステマチックに並べての「アウトドア宴会」は、経験に基づく周到な準備と寒さに耐える“気合”なくしては成立しない。

Shimoncampさんがこのスタイルを確立したのは、7年ほど前のこと。

「キャンプに詳しい人と知り合って、テントを譲ってもらい、張り方も教わりました。やり始めると、だんだん道具にもこだわりが出てくるんですよね。ヒルバーグのテントを手に入れてからは、道具がどんどん増えていって……。子供が成長して、家族でキャンプに行く機会が減ったので、最近は大人同士で集まっているんです」

▲クーラーボックスは「アディロンダック」のスツールを台にしている。地面から離すことで本来の保冷能力を発揮できるうえ、取り出しもしやすい

▲クーラーボックスは「アディロンダック」のスツールを台にしている。地面から離すことで本来の保冷能力を発揮できるうえ、取り出しもしやすい

大量のキャンプ道具を運ぶための車も、マツダのMPVからクライスラー グランドボイジャーへと変わった。

「たくさん積める車が欲しかったんですが、ハイエースは実用的すぎるので、アウトドアが似合うグランドボイジャーにしました。アメ車に詳しい知人が、頑丈で故障も少ないと後押ししてくれたのですが、確かにトラブルはないし、高速道路でのゆったりとした乗り味が気に入ってます」

▲3列目シートをたたんだ状態。中央の緑色のパックが大型テント

▲3列目シートをたたんだ状態。中央の緑色のパックが大型テント

悠然としたたたずまいのグランドボイジャーは、体格のいいShimoncampさんと、とても似合う。

本人は特に意識していないようだが、それは遊び道具を突き詰めていく中で、自然と磨かれていったものなのだろう。遊びに熱中することは、後悔しない車選びにもつながるのだ。

▲フェンダーの擦り傷を隠すのと、ドレスアップを兼ねてノーズマスクを装着。アメリカ車にはこれが似合う!

▲フェンダーの擦り傷を隠すのと、ドレスアップを兼ねてノーズマスクを装着。アメリカ車にはこれが似合う!

※本記事は、カーセンサー 2018年3月号(2018年1月20日発売)の記事をWEB用に再構成して掲載しています

クライスラー グランドボイジャーを探す▼検索条件クライスラー グランドボイジャー(2代目)text/櫻井香

photo/見城了

関連記事リンク(外部サイト)

クライスラー グランドボイジャーを探す

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。