体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

meito『LOVEアルファベットチョコレート』には“愛”しか入っていない!

バレンタインシーズンを直前に控え、名糖産業から定番「アルファベットチョコレート」の特別パッケージとして、「L」「O」「V」「E」の4文字だけが9セット入った新商品『LOVEアルファベットチョコレート』が12/18に発売された。まさに「愛」しか入っていない特別パッケージを食べたら、心が暖かくなるのか、検証してみた!

 

「愛」が足りない時代はアルファベットチョコで補おう!

チョコレートやキャンディなどでおなじみの名糖産業株式会社(名古屋市)が発売した『LOVEアルファベットチョコレート』(191g・2017年12月18日発売)は、同社の定番チョコレート「アルファベットチョコレート」の特別パッケージだ。その特徴は、アルファベットのうち「L」「O」「V」「E」の4文字のみ9セット(標準)が封入されているという点。発売時期を考慮しても、これはバレンタイン商戦を狙ったチョコレートなのは言うまでもない。

内容量は191gで、100gあたりのエネルギーは568Kcal。チョコレートなので、カロリー高めなのは当然。原材料の先頭にも砂糖が記載されているように、これはとっても「甘~い」チョコなのだ。

パッケージは下地のベースが白とピンクの2種類。パッケージの色による味の違いはない。お好きな方を手に取ってもらえればいいだろう。

なお、パッケージの裏には「アルファベットチョコでできるLOVEなアイデア」なる楽しみ方のアドバイスが掲載されている。クッキーのデコレーションや袋に詰めてプレゼント、そして時勢に乗って写真をSNSにアップしようというもの。「LOVE」しか入っていないので、文字を組み合わせてお皿などにキレイに盛り付ければ“インスタ映え”する写真が撮れることは間違いない!

 

というわけで、ここで“インスタ映え”を狙った「簡単LOVEアルファベットチョコレート撮影」講座

 

 

 

4つのチョコを組み合わせて「LOVE」を作り、お皿に盛りつける。そのまわりにリボンをハートの形に配置して撮影してみよう!

 

このままでも十分、“インスタ映え”する写真の出来上がりなのだが、ひと工夫してみると…

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。