体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンロ『ココロキラリキャンディ』ブラックライトで光を放つ不思議な新感覚キャンディ

なんと「光るキャンディ」カンロから2018年1月23日に発売されたという情報が入った。新感覚の『ココロキラリキャンディ』は、ブラックライトを当てると幻想的な光を放つ不思議なキャンディ。さっそく、その光と魅力を味わってみることにした。

いったい、なぜキャンディが光るのか?

カンロ飴やピュレグミでおなじみのカンロ株式会社(東京都中野区)から発売された『ココロキラリキャンディ』(70g・オープン価格・2018年1月23日発売)は、ブラックライトを当てることで幻想的な光を放つキャンディ。この時期、さまざまな場所でイルミネーションが開催されており、多くの人がその輝きに目を奪われていることから、“フォトジェニック消費”が高まっていると同社は分析。キャンディは美味しいだけでなく、イルミネーションのような視覚でも楽しめる商品を送り出したいという発想から、この「ココロキラリキャンディ」が開発されたという。

ブラックライトを当てると、じんわり優しい光を放つ「ココロキラリキャンディ」

それにしても、なぜキャンディが光るのか不思議である。

 

ちなみにブラックライトというのは、長波長の紫外線を放射する電灯のこと。ブラックライトを当てた物質は、内部に含まれている蛍光物質だけが発光するという仕組み。ということは、このキャンディには蛍光物質が……? と心配に思う人もいるかもしれない。ご安心あれ。メーカーによると、この「ココロキラリキャンディ」には蛍光剤などのケミカルな物質は含まれていないとのこと。当然ながら身体に健康な成分のみで作られているというから心配ご無用だ。

成分表を見ると、砂糖、水飴/酸味料や香料、自然由来の着色料(紅花黄、ウコン、野菜色素、クチナシ)となっている。この原材料だけで判断は難しいが、もしかすると着色料のどれかに蛍光物質が含まれているのだろう。ちなみに、昨年6月に発売された「夜空のおとしものキャンディ」がブラックライトで光ると話題になり、その配合を参考にして今回の「ココロキラリキャンディ」が開発されたという。

おそらくは原料の配合によって、ブラックライトと光の波長が合ったといったことなのだろう。

パッケージには「友達や大切な人へ贈ろう ときめきメッセージつき個包装」との記載があり、このメッセージは30種類が用意されているという。

パッケージのカラーに合わせて、味も3種類が入っている。「トキメク恋味」「キラメクレモン味」「カガヤクマスカット味」で、それぞれの包装に「お大事にね」「ありがとう」「大切なあなたへ…」などの“ココロ温まる”メッセージが添えられている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy