体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピクサーの映画『インクレディブル・ファミリー』、新キャストとキャラクターを公開

ピクサーファンは、スーパースーツを用意する時が来たようだ。

映画『インクレディブル・ファミリー』の公開に先駆け、ピクサーは新しいコンセプト・アートと新キャストの写真を公開した。

Facebookのページ『The Incredibles』に、キャラクターのコンセプトアートと各々の声優を並べた11枚の写真を投稿した。ユーザーの写真とアートの中のドッペルゲンガーを探してペアにするという、Google Arts & Cultureのアプリをイメージしている。

また、新しいキャストと新しいキャラクターも公開した。ボブ・オデンカークがウィストン・ディーバー役を、ソフィア・ブッシュがボイド役を、イザベラ・ロッセリーニがアンバサダー役を、キャサリン・キーナーがエブリン・ディーバー役を、それぞれ声で演じる。




クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、サラ・ヴォーウェルはMr.インクレディブル、インクレディブル夫人、ヴァイオレット役を再演し、またサミュエル・L・ジャクソンも仲間のフロゾンを再演する。脚本と監督を手掛けたブラッド・バードもファンに人気のファッションデザイナー、エドナ・モード役を演じる。新キャストのハックベリー・ミルナーとジョナサン・バンクスがスペンサー・フォックスとバド・ラッキーが演じたダッシュ・パーとリック・ディッカーをそれぞれ引き継ぐ。

ピクサーは本作の広告用イメージとして、52秒のティーザー・トレーラーを11月に公開していた。ティーザーでは2018年夏に公開することと、末っ子の赤ん坊、ジャック=ジャックのスーパーパワーを披露していた。

『インクレディブル・ファミリー』の公開は、米国では7月15日、日本では8月1日の予定。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。