体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ポテリッチ 贅沢えびしお味』見た目も味も“おめでたい”伊勢海老使用贅沢ポテチ!

 

厚切りカットのザクザク食感がクセになる『ポテリッチ 贅沢えびしお味』がファミリーマート、サークルK、サンクスで発売中。パーティーに便利な大容量が嬉しい数量限定品。伊勢エビパウダーを使った本格的な味わいとは!?

お祝いムードたっぷり!正真正銘、伊勢海老パウダー使用

カルビー『ポテリッチ 贅沢えびしお味』(100g・税込204円・2017年12月19日発売)は、厚切りカットで食べ応えのある食感と濃厚な味付けが特長のポテリッチシリーズ。じっくりと焼き上げた、香ばしいえびの風味が楽しめるという。

赤を基調としたパッケージは、市松模様を盛り込むなどおめでたい雰囲気たっぷり。ゴージャスな伊勢エビをグリルした、今にも良い香りが漂ってきそうなイメージ画像にも心惹かれる。

気になるカロリーは1袋あたり553kcalと、一般的なポテトチップスといったところ。原材料名には、ばっちり「伊勢海老パウダー」と記されている。

 

ポテチの醍醐味を残した上での贅沢エビ感!

袋を開けると、ふんわりと広がるエビの風味。エビの殻を焼いたような香ばしさもあり、これは味にも期待できそう!

「ポテリッチ」というだけあって、1枚1枚の厚さも十分。おなじみのギザギザカットだが、見た目にはほんの少~し赤みのあるパウダーが付いている程度で、それほど通常の塩味と変わらない。

それでは実食。口に入れた瞬間にエビの香ばしさとじゃがいも味が相俟って、これは贅沢。下手にエビの味を押しすぎていないので、じゃがいもの味もしっかりと味わえて、あくまで“主役はじゃがいも”というポテトチップスの醍醐味はきちんと残されている。

噛み応えのある食感も満足度が高く、“ポテリッチ”の名に偽りなし。

 

塩味も濃すぎないので、食べているうちに「だんだん味濃く感じてきた…」という“スナック菓子あるある”に陥ることもナイ。一品料理をつまむ感覚で、どんどん食べ進められてしまう…ゆえに、カロリーのことを考えると、ひとりで食べるのは若干おそろしい…。

 

やはり、パッケージで示されている「PARTY SIZE」という表記をきちんと守り、みんなでワイワイ食べるのがおすすめだ。

パッケージだけでなく、味にも“おめでたさ”が溢れていた『ポテリッチ 贅沢えびしお味』が購入できるのはファミリーマート、サークルK、サンクスのみ。数量限定発売なので、このリッチさを味わいたいという人は、お早めに!

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ポテリッチ 大人のカルボナーラ味』まさにカルボナーラそのものな、濃厚厚切りチップス!
『ポテリッチ 濃厚手作りカレー味』水樹奈々コラボ第3弾は愛情たっぷり手作りイメージ!
『ポテリッチ 燻製たらこ味』でワンランク上のポテチを体感しよう!
全国ご当地グルメをポテチで制覇する企画第一弾から『カルビーポテトチップス47都道府県の味 山形芋煮味』!
なぜ今までなかった!? 贅沢チョコがけ『チップスター ショコラ』、東京のセブンーイレブン限定で発売!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会