体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“盆栽女子”増加中!ゆるふわ系アイドルもハマるのか検証してみた【後編】

“盆栽女子”増加中!ゆるふわ系アイドルもハマるのか検証してみた【後編】

「ゆるふわ系アイドルmeets盆栽」企画の後編。今回はついに、えりかちゃんが盆栽づくりに挑戦。ちなみに、嵐の松本潤さんやモデルのラブリさん、アーティストの水曜日のカンパネラ・コムアイさんも盆栽好きとして知られている。

前編では、さいたま市大宮盆栽美術館で盆栽の歴史や鑑賞法を学んだ葵井えりかちゃん。意外にも「育ててみようかな」という感想を述べていた。今回の取材がきっかけで、えりかちゃんがハマったとしても何の不思議もない。後編では盆栽園を訪れ、先生の指導のもと盆栽作りに挑戦しますよ。
葵井(あおい)えりか

1992年2月5日生まれ T166cm 血液型0型
SUPER GT 2017 GT300のレースクイーン。第8回ミスヤングチャンピオンファイナリスト。サンテレビ『ぷるるん!トラベラー』準レギュラー。

Twitter
Instagram

盆栽美術館を出た足で向かったのは、大宮盆栽村の清香園。170年もの歴史を持つ老舗だ。

▲道すがら「何でも盆栽に見えちゃう♡」とえりかちゃん

徒歩10分ほどで到着。広報の寄藤加奈子(よりふじ・かなこ)さんが出迎えてくれた。

▲じつは今回の先生でもある

寄藤さんは現在の園主・山田登美男(やまだ・とみお)さんが出演しているテレビ番組をたまたま見て盆栽に興味を持ったという。その結果、20代の若さでこの世界に飛び込んだ。自身でも数十鉢の盆栽を育てている盆栽愛好家だ。

▲寄藤さんが手がけた盆栽の一部

一番左はスイレンボクと斑入りタマリュウで、寄藤さんが初めて作った盆栽とのこと。

 

「実もの盆栽」は観賞用なので、あまり美味しくないかも(笑)

では、園内に入ります。ここからは先生、よろしくお願いします。

▲「きゃー、真っ赤できれい!」

ーーこれはヤマモミジですね。よく見ると幹にシワがあるでしょう。樹齢が増すにつれてシワが増えるんです。(寄藤さん、以下同)

「へえ、人間といっしょで面白いなあ」

▲「実もの」と呼ばれる盆栽たち

「なんか、実が美味しそう」

ーー基本的には観賞用なので、あまり美味しくないかも(笑)。時期的には実もそろそろ終わりです。

▲上から園内を見下ろすとこんなかんじ

「うちにもこんな庭があったら毎日散歩するのに」

ーー左の大きい樹は桜で、満開の頃はすごくきれいですよ。さて、いよいよ盆栽作りを体験してみましょうか。

 

そのキャットフードみたいなのは何ですか?

「完全に素人なんですが、上手に作れますか?」

ーー大丈夫、難しい作業は私が手伝いますから。体験教室は女性にも大人気なんですよ。

▲「よろしくお願いします。」

ーー肩の力を抜いて楽しみながら作りましょうね。

▲こちらが盆栽制作セット

「そのキャットフードみたいなのは何ですか?」

ーー鉢に詰める土です(笑)。最初は排水性を高める大粒の赤玉土を敷いて、その上に2種類の小粒の土をかぶせます。

▲いずれもホームセンターなどで購入できる

 

太い幹が手前にお辞儀しているアングルが正面

ーー今回使うのは長寿梅。といっても、梅ではなくて木瓜(ぼけ)の一種です。

「『盆栽』という字は書けたけど『木瓜』は書けないな。悔しい〜」

▲「えー、これでいいのかな。最初から難しい……」

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。