体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIYで模様替え!「壁」のデッドスペースを収納にするアイデア

DIYで模様替え!「壁」のデッドスペースを収納にするアイデア

収納の悩みを解決するためにはデッドスペースの活用が鍵!そこで今回は、壁をフル活用した収納アイデアをご紹介します。DIYの力で、限られた室内でも広々させましょう。

「壁」をデッドスペースにしない

限られた室内の空間において、収納の悩みを解決するためにはデッドスペースの活用が有効です。そこで、壁を最大限に活用して「見せる」収納に模様替えしませんか?
 

BEFORE

こちらは模様替え前のリビング。家主の趣味で集めたアルコールや小物で溢れかえっています。ソファ横の壁が物置状態で、まさにデッドスペースになっていますね。この壁をDIYによって有効活用したいと思います。
 

2×4材を駆使した調整自在な収納棚

高さ調整も自在な棚を設置します。ジャッキの設置次第で板幅も自由に決められるのが◎。また、棚板の数を増やすことも可能で汎用性も十分!
 

使ったもの

棚柱の長さやカラーなどバリエーションも豊富にラインアップ。(ハイロジック)

 

棚受けも支柱と同ブランド。サイズは棚板の幅に合わせてセレクト。(ハイロジック)

 

2×4材を駆使して壁に棚やパーテーションが作れる小型の「突っぱりジャッキ」。(和気産業)

 

収納棚のDIY手順

天井の高さに合わせて2×4材をホームセンターでカット。レールに合わせて溝も加工済み。

 

傷保護シートを底に貼る。オイル系の塗料はシートが剥がれやすいため接着面は避けて。

 

突っ張りジャッキを装着。下穴を空けてからネジを入れるとズレがなく、キレイに仕上がる。

 

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。