体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【非常事態】日本人ユーチューバー大量逮捕か / まずは1人目のユーチューバーが書類送検

image1

2018年1月22日、火炎放射器を自作し、そのようすをYouTubeに掲載していた日本人男性ユーチューバーが火気乱用容疑で書類送検された。このユーチューバーは2017年8~9月にかけて自作の火炎放射器を使用する動画をYouTubeに掲載し、火気を乱用した疑いがもたれている。

・最大で約2メートルの射程距離
このユーチューバーはホームセンターなどで火炎放射器の素材を購入し、銃器のような形状の火炎放射器を製造。燃料として灯油を使用しており、最大で約2メートルの射程距離を持つ。あまりにも恐ろしい武器になりえるが、これを公園で使用したというのだから驚きだ。

flamethrower1
flamethrower

・自分でも作ってみた
火炎放射器を作った理由は、他のユーチューバーが自作の火炎放射器を作っているのを知り、自分でも作ってみたとのこと。実際にYouTubeを調べてみればわかるが、多くの日本人ユーチューバーが自作の火炎放射器を製造していた。

・容易に人間や動物を火だるま可能か
その多くは可燃性のスプレー缶にライター等の着火器具をあわせたもので、噴射とともに着火することで炎が噴き出す。シンプルな作りながらかなりの威力で、人間や動物を火だるまにするのは容易だと感じる。

・凶悪だと判断されて逮捕されるユーチューバー続出か
また、かなり本格的に火炎放射器を作っているユーチューバーもおり、今後、今回書類送検されたユーチューバー以外にも、凶悪だと判断されて逮捕されるユーチューバーが続出する可能性が高い。ちなみに、自作の爆弾のようなものを作り、公園で爆破させているユーチューバーもいた。





もっと詳しく読む: 日本人ユーチューバー大量逮捕か / まずは一人目の日本人男性ユーチューバーが書類送検(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/23/youtuber-who-made-the-flamethrower/

※冒頭画像はイメージです

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会