体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知花くらら「与謝野晶子に衝撃を受けて…」

知花くらら「与謝野晶子に衝撃を受けて…」
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。1月20日(土)のオンエアでは、モデル・女優の知花くららさんをゲストにお迎えしました。

知花さんはモデル活動を始めてから、現在で11年ほど経つそうで、モデルについて「ムービーと違って写真は一瞬を捉えるものなので、ちょっとした息遣いや指先の動きで写真がいきてくるんです。始めた頃は、自分の引き出しを整理するのに少し時間がかかりました。ただ、モデルごとに『ここ、撮られどころ』っていう表情があって、それを繰り出していく感じです」(知花さん、以下同)と話しました。

また、知花さんは、国連WFP日本大使として長い期間活動されています。

国連WFPは食料の支援をする団体で、自然災害のあった地域や慢性的に食料が足りていない飢餓地域、紛争地帯に食料を供給しているそう。知花さんは2007年から国連WFPと活動を共にし、できるだけ毎年、いずれかの国へ現地視察に訪れているそうです。アフリカやアジアに行くことも多いそうで、国と地域でそれぞれ抱えている問題は違うと話します。

アフリカではタンザニアやザンビア、エチオピアなどに訪れた知花さん。タンザニアで特に記憶に残っているのは、マサイ族だと話します。

「マサイ族は数カ国に渡って居住しているんです。その村に行って生まれたての赤ちゃんを見せてもらったり、村のお父さんが私に気を使ってくれて『ちょっと待ってろ』と、ヤギの炭焼きを持ってきて『これを食べろ! お前のために焼いたんだ』って言われて、骨ごとかぶりつき、すっごく美味しかったんです」と、印象深かった思い出を語ってくれました。

他にも多彩な知花さんは、4年ほど前から短歌を嗜んでいるそうで、1月には京都大学名誉教授の永田和宏さんとの共著『あなたと短歌』が発売しました。

なんでも、知花さんは与謝野晶子さんの短歌を読んで衝撃を受け、短歌を始めたそうで…。

「与謝野晶子の『みだれ髪』って、すごく有名だから小さい時にどこかで読んだことがあったけど…。大人になって再読したら、短歌とか与謝野晶子がいた時代の言葉の難しさではなく、与謝野晶子がしていた恋に夢中になった自分がいて、『短歌って面白いな』って思ったんです。」

その面白さを知った知花さんは、現代歌人の作品も読むようになり、「私たちが今使っている言葉でも、こんなに自由に表現できるんだ」と発見し、そこから独学で短歌を始めたそうです。

その後、知花さんが詠みためた短歌を、永田さんに見ていただいたことが縁で生まれた『あなたと短歌』。知花さんの新たな魅力が詰まった1冊ですので、ぜひ手に取ってご覧ください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy