体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

坂本龍一、幻のNYライブがベルリン国際映画祭に上陸!

坂本龍一のNYライブを収録したスティーブン・ノムラ・シブル監督の『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』が、2月15日(木)から開催される第68回ベルリン国際映画祭に正式招待され、“ベルリナーレ・スペシャル部門”で上映されることが決定した。
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』 (okmusic UP's)

同作は、世界的音楽家として評価されている坂本龍一が8年ぶりに発表したオリジナルアルバム『async』のリリースを記念して、2017年4月にニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行なわれた、世界でたった200人しか観られなかったニューヨーク限定ライブの完全収録版で、1月27日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国17劇場にて全国公開となる。坂本龍一渾身のパフォーマンスが5.1chの音響とともにスクリーンに甦り、まるでライブ会場にいるかのような音楽空間を体感できる。アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトのもと、ピアノやガラス板などを駆使して“非同期的な音楽を作りたい”と坂本龍一が感じるままに演奏したパフォーマンスと、“あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった”と本人が語る楽曲を、映画館という非日常な環境で、ぜひ堪能してほしい。

ベルリン国際映画祭は、カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつで、他の映画祭と比べると社会派の作品が集まる傾向がある。日本作品から黒沢清監督『予兆 散歩する侵略者 劇場版』と行定勲監督『リバース・エッジ』の二作が「パノラマ部門」、清原惟監督『わたしたちの家』と山中瑶子監督『あみこ』が「フォーラム部門」、富名哲也監督『Blue Wind Blows』が「ジェネレーション・コンペティション部門」で上映が決まるなど、続々と発表されている。坂本龍一に迫ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』は、第74回ベネチア国際映画祭「アウト・オブ・コンペティション部門」に公式出品され、本作はベルリンでの出品。2作品を撮ったスティーブン・ノムラ・シブル監督の才能が世界的に評価されたと言える。また、今回のベルリン国際映画祭上映について、シブル監督からコメントが到着しているのでこちらも要チェック。
【スティーブン・ノムラ・シブル監督 コメント】

「ベルリン公式上映、とても光栄です。坂本龍一さん、多くの関係者の方々、スタッフに深く感謝をしております。2作共にこうして3大映画祭でプレミア上映を行えるのは、無論、坂本龍一さんの音楽の素晴らしさ、asyncの深みがあっての事だと思います。これを機に、より多くの方々に映画館にて美しきサウンドを体感して頂けるきっかけとなりましたら幸いです。」
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』

上映日時:1月27日(土)

会場:角川シネマ有楽町/YEBISU GARDEN CINEMA/大阪ステーションシティシネマほか

<チケット>    

全国共通鑑賞券¥2,200(税込)/当日窓口料金¥2,500(税込) ※各種割引・招待券不可

◎入場者プレゼント:ポストカード(非売品・先着数量限定) 

・ぴあ予約ページ:http://w.pia.jp/t/async/

・イープラス予約ページ:http://eplus.jp/sakamoto-ny/

・ムビチケオンライン購入ページ:https://mvtk.jp/Film/063915

■映画公式サイト

http://liveviewing.jp/sakamotoasync/

※本作は実際のライブ会場と同じ感覚でお楽しみいただくため、日本語字幕スーパーを入れておりません。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。