体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グラミー賞5部門ノミネートのシザ、ノミネート曲の日本語字幕入りMVが一挙公開

グラミー賞5部門ノミネートのシザ、ノミネート曲の日本語字幕入りMVが一挙公開

 今週末開催される世界最高峰の音楽の祭典【グラミー賞】において主要部門の「最優秀新人賞」を含む計5部門で女性最多ノミネートされている米シンガー・ソングライター、シザが2018年1月24日に、日本デビューを果たす。

 シザ(SZA)はケンドリック・ラマーらを擁する注目のレーベル、TDE(Top Dawg Entertainment)所属の紅一点シンガー・ソングライターで、現地時間2018年1月28日に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催される【第60回グラミー賞】の式典で初パフォーマンスをすることが発表されている、今最も注目を集める新人女性アーティストだ。

 デビュー・アルバム『Ctrl』(読み:コントロール)は、『TIME』誌で1位に選出されたのを筆頭に、音楽誌や新聞など30メディアが選んだ昨年のベスト・アルバム・トップ10で、ケンドリック・ラマーのアルバム『ダム』に続く2位にランクインするなど手厳しい音楽評論家達も大絶賛。今作にはケンドリック・ラマーら豪華アーティストも参加し、作詞作曲にジャスティン・ティンバーレイク、アディショナル・ヴォーカルとしてファレル・ウィリアムスがクレジットされるなど豪華な内容となっている。昨年6月の全米デビューから約半年という時間をかけて全世界的に人気を博した理由は、彼女の人間味溢れる“歌詞”にあるという。

 アルバムのタイトル『Ctrl』にある通り、”本当はコントロールしたいのにコントロールできない溢れ出る感情”を独自の視点と赤裸々かつユーモアある言葉で見事に歌詞に昇華しており、複雑な女ゴコロや恋愛・人生に迷う人間の心の淵を一曲ごとに世界観もって表現。また、内省的な歌詞とは対照的に、迫力溢れる圧巻のライヴ・パフォーマンスは好評を得ている。

 日本デビューを前に、彼女のYouTube VEVOチャンネルにアップされている「スーパーモデル」、「ラヴ・ガロラ feat. トラヴィス・スコット」、「ザ・ウィークエンド」の計3曲のミュージック・ビデオが、字幕ON/OFF機能で、日本語字幕を付けて試聴可能だ。グラミー賞発表前にイッキ観してみては?

◎「ラヴ・ガロラ feat. トラヴィス・スコット」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/hHXfCOjb3fk
◎「ザ・ウィークエンド」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/cMD63TwzB1o
◎「スーパーモデル」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/Tiixq9rT_J0

◎リリース情報
アルバム『Ctrl』(国内盤)
2018/1/24 RELEASE
SICP-5661 2,200円(tax out.)
※歌詞・対訳・解説付き

関連記事リンク(外部サイト)

ケンドリック・ラマー、映画『ブラックパンサー』サントラをプロデュース SZAとのコラボ曲をドロップ
【グラミー賞2018】ブルーノ・マーズ&カーディ・B/ルイス・フォンシ/ダディー・ヤンキー/SZAらのパフォーマンス決定
マルーン5、SZAをフィーチャーした新曲を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy