体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おじさんを光らせる3つのメリットとは? ギャルが動画でプレゼン

おじさんを光らせる3つのメリットとは? ギャルが動画でプレゼン
ギャル電
「ギャルも電子工作する時代」をスローガンに、ギャルによるギャルのためのテクノロジーを提案する電子工作ユニット・ギャル電が、アシックスジャパンとコラボ。

ギャルとパリピウケ間違いなし(?)の画期的なランニングスタイルを考案した「意識の低いプレゼン」動画が、Instagram Storiesメディア「lute」(ルーテ)のYouTubeで公開された。

『ギャル電×ASICS「これで人生マジ卍!ランニングをアップデート」』と題された動画では、電子工作でおじさんをめっちゃ光らせ、地味なナイトランを一変させる衝撃ガジェットを提案している。

光って走るメリットとは? ギャルがプレゼン

現役女子大生ギャルのまおさんと、元ポールダンサーのきょうこさんによる電子工作ユニット。

「デコトラキャップ」「会いたくて震えちゃうデバイス」など、ギャルとパリピにモテるテクノロジーを生み出し続け、近年ではテレビなどへも露出している。

GRデザインコンテスト用に作ったデコトラキャップは、wifiにつながった2台の電飾を同時に操作できる✨✨
ブラウザから光のモードが切り替えられるやつー
LEDの光り方がおそろいだと盛れ感2倍 pic.twitter.com/nCjxEWA5fj— ギャル電 (@GALDEN999) 2016年11月18日

公開された動画では、普通のランニング姿のおじさんを、ギャル電がデコって光らせたビフォーアフターを披露。

光らせた際のメリットを3つ挙げてプレゼンしている。

光ると安全っぽい
「光ると安全っぽい」
光るとテンション爆アゲ効果
「光るとテンション爆アゲ効果」
光るとモテる
「光るとモテる」

光るランニングスタイルを実際に体験!

また、この光るランニングスタイルを実際に体験できるワークショップも開催される。

アシックス原宿フラッグシップに、ギャル電の2人が登壇。今回手がけた電子工作に直接触れられる機会となる。

果たして現実的な効力がどの程度なのかは不明だが、実際、「ランイベント」などがここ数年で普及する中、コスプレなどで目立とうとする他のランナーを差し置いて、より目立てるようになるかもしれない。

ポイントは、巷に出回っている既製品ではなく、あくまで自ら電子工作をして自分の好みにデコれるようになろう、という点だ。

ナイトイベントで目立ちたいギャルも、日曜大工で鍛えてきた腕を有効活用したいおじさんも、新たな趣味として電子工作の扉が開けるかもしれない。

引用元

おじさんを光らせる3つのメリットとは? ギャルが動画でプレゼン

関連記事

KMCとSTUTSの集大成『Let’s Break The Night Together』 振り返る二人三脚の歩み
宇多田CMで話題! ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000X」は悪くなかった
記事を読むだけの時代からおさらば! ユーザー投稿機能の書き方

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。