体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尼神インター渚が女の顔に…!?イケボ満載の『恋人はポッキー』動画公開

尼神インター渚が女の顔に…!?イケボ満載の『恋人はポッキー』動画公開

 2017年末からコンビニやスーパーに並んでいる、ポッキーの期間限定『恋人はポッキー -Love with Pocky-』キャンペーンパッケージ。ポッキーの主力5商品を擬人化したイケメンキャラクターが、ARアプリ『aug!』をダウンロードしたスマートフォンをかざすと、キャラが恋人気分で語りかけてくれるというものですが、それを武田玲奈さんや尼神インターのお2人が体験する動画が公開されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 パッケージにはキャラクターのイラストや、裏面にはキャラの設定が書かれています。各キャラクターの声を担当しているのは、人気の男性声優5人。

 赤澤幸一郎(ポッキーチョコレート)……内田雄馬さん
 京極次彦(ポッキー<極細>)……櫻井孝宏さん
 白山波(ポッキー<THE MILK>)……諏訪部順一さん
 古市こころ(つぶつぶいちごポッキー<ハートフル>)……梶裕貴さん
 門戸香平(アーモンドクラッシュポッキー)……江口拓也さん

 実際に体験してみた尼神インターのお2人。誠子さんはまず第一印象で手に取ったのは、門戸香平(アーモンドクラッシュポッキー)のパッケージ。「私、なんとか平って好きなんよ!」と言いつつ、さらに裏面のキャラ設定にハマります。そのほかのキャラ紹介も見たのちに、結局門戸香平をチョイス。パッケージを開けると、内袋にはドーンとイケメンなセリフが。「やー!」と、その乙女ゲーな展開に誠子さん悶えてしまいます。「アーモンドのザクザク感とチョコレートの甘み。ツンデレ。まさに香平!」と、味とキャラ設定の相関関係にも気づいてくれたようです。AR動画の方も、かなり萌えてしまっているようですよ。相方の渚さん曰く、江口拓也さんの声は、ちょうど聖子さんのどストライクの声だとか。

 相方の渚さんは色々迷った結果、赤澤幸一郎(ポッキーチョコレート)をチョイス。AR動画で内田雄馬さんの声を聞いてみます。「君のどこが好きかって?」という一連のセリフを聞いている渚さん、今まで見たことないような表情をしています。聞き終わって「めっちゃいいやん」という渚さんを指差して、誠子さんは「めっちゃ照れてるやん!こんな女な顔の相方初めてみた!」と驚きの表情。


 続いて武田玲奈さんと、熊谷江里子さんの体験動画を見てみましょう。味の好みではポッキー<極細>(京極次彦)が好きという武田さん。キャラ的には赤澤幸一郎(ポッキーチョコレート)や古市こころ(つぶつぶいちごポッキー<ハートフル>)に惹かれたようです。しかし、京極次彦(ポッキー<極細>)の「恋はまだしたことがないらしい」という設定が萌えポイントかも……ということで、これをチョイスすることに。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会