体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察が狙い撃ちする職質されやすいのはこんな人

警察が狙い撃ちする職質されやすいのはこんな人

職質する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職質対象者用のマニュアルやルールが存在しています。例えば、東京都千代田区エリア。2008年の秋葉原通り魔事件以降、ちょっとでも怪しそうであれば職質するように徹底されています。そして、警察に職質されやすい外見的特徴には理由があるのでした。

警察が職質をする人の基準は身なり

警察が職質をする人の基準は基本的には、身なりや目の動きで判断します。そして、その身なりでよくいわれるのが「ミュージシャン風」の人がよくターゲットにされるということです。

じつは、職質されやすい外見的特徴には理由があります。ミュージシャン風というのは、あくまで表現上のこと。長髪や金髪で頬がこけていてやせているなどは、薬物所持が疑われるためなのです。

同様にクルマの場合も「高級車なのに汚い」など、だらしがない車両もターゲットになりやすい特徴。なぜなら、覚せい剤などで心が乱れている、または窃盗車といった嫌疑がかけられるからです。ほかにも、自分のクルマじゃないので愛着が無くて汚したままにしている、窃盗車で整備に出せない…などの理由が考えられます。

職質の対象にされやすい外見的特徴

職質の対象にされやすい外見的特徴はほかにもあります。「目深な帽子とマスク」は窃盗の疑い、「迷彩柄の服とアクセサリー」は武器など危険物所持の疑い、「大きなバッグ」は危険物所持&住居侵入が疑われるのです。

さらに「長髪または金髪」はまともな職業人ではないこと、「やせている」は薬物常用の疑い、「上下の服の季節感がバラバラ」なのも同じく薬物常用が疑われます。後は職質で相手の不審点を探っていくわけです。

実際、千代田区内を彩柄の服装で大きなバッグを持って歩いていたら、まっ先に職質の対象になるそうです。大きなバッグを持っているだけで、高確率で職質されるといいます。実際、千代田区内ではナイフ・カッター・エアガンのような武器系統が職質で発見されることも多いのですが…。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy