体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「茎や葉」まで楽しめる花器

「茎や葉」まで楽しめる花器

日本に古くからある伝統文化「生け花」。自分の家にも花を飾りたいと思っても、作法がわからないし、どうやって生けたらいいか分からない…。

そんな人には、「Ikebana Vases」という花器がおすすめ。

華道にインスパイアされたこの器なら、誰でも花を美しく生けることができます。

花の美しさそのものを楽しめる

シンプルなデザイン

「茎や葉」まで楽しめる花器 従来の花器は、植物の花の部分だけを鑑賞するのに適したデザインでした。しかし、植物はその茎や葉も、自然界が作り出した美しさをたたえています。そのすべてを楽しむことができるようにと生み出されたのが「Ikebana Vases」なのです。「茎や葉」まで楽しめる花器

一輪の花の力強い生命力を強調する生け花の在り方を取り入れることで、これまで一般家庭ではなかなか馴染みのなかった花の観賞方法が新たに生まれることでしょう。

作法は知らなくても、どのように飾れば一輪一輪の花の魅力を引き出すことができるか考えることは、暮らしに楽しみをもたらしてくれるはず。

あくまでも生けられる花が主役なので、大理石と真鍮を使ったシンプルな設計です。「茎や葉」まで楽しめる花器「茎や葉」まで楽しめる花器「茎や葉」まで楽しめる花器

「Ikebana Vases」は、華道に興味がある人や、フラワーアレンジメントに挑戦したいと考えている人にはおすすめです。

価格は、290ユーロ(約4万円)から。自宅で、手軽に花を生ける新しい楽しみを満喫してみてはいかがでしょう。Licensed material used with permission by Omer Polak

関連記事リンク(外部サイト)

日常をもっと豊かにする。ヒヤシンスの「水栽培」での育て方
癒しある暮らし。ポトスの「水耕栽培」での育て方
植物のためのジュエリー「PLANT'S JEWEL」が登場。しかも、カワイイだけじゃない!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。