体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

カレとの距離をグンと縮めるいちばんのコツは、非日常的な環境にふたりの身を置いてみること。つまり、一緒に旅に出かけることです。あなたとカレが「ロマンチック」とみなすのは、星空に包まれること?一緒に思いっきりアクティブになること?光煌めく海辺でごろ〜んとふたりで横たわること?

ま、とりあえず「Elite Daily」ライターのRachel Shattoさんがまとめた、恋人と行ってこそ最高の思い出になる10の旅先を見てみるとしましょう。

春休みか、GWか…もしかしたらカレとの次の旅行先がこの場で決まっちゃうかも?

01.
桜が満開な京都

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

毎春、満開の桜が素晴らしい景色を見せてくれる京都。桃色の花びらで溢れかえった道を大切な相手とそぞろ歩きなんて、最高にロマンチック。

02.
大自然に囲まれる
ハワイのカウアイ島

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

そこまで観光地化されていないからこそ、絶景ととびっきりの冒険が期待できるハワイのカウアイ島。ゆったりと過ごしながら絶景を存分に味わうのもよし。ハイキングに出かけて美しい自然を楽しむもよし。

03.
フィンランドのオーロラの下で
愛を叫ぶ

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

非日常的で絶対に忘れない旅にしたいのなら、フィンランドのKakslauttanen Arctic Resortのイグルーに泊まってみよう。ベッドからは星空のみならず、オーロラまでもが独り占めできます。

04.
ギリシャのサントリーニ島
魔法みたいな街中を散歩

ロマンスが滲み出る街、サントリーニ。地中海に沈む夕日が街を照らす格好は、息を飲むほど美景。

05.
ボラボラ島で
ふたりっきりの海を満喫

誰にも邪魔されない、カレとふたりだけの時間を満喫したいのなら、ボラボラ島の海に浮かぶ水上コテージでの宿泊をチョイスしよう。煌びやかな水中に潜れば、エキゾチックなお魚たちがおもてなし。水上コテージから一歩踏み出すだけで広がる海の景色は、圧巻。

06.
スコットランドのスカイ島で
ハイキング

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

スコットランドのスカイ島は、歴史ロマンス小説に出てくる情景を現実に描き出したような壮観さ。お互いの体をキルト1枚でくるんで自然に出ることができれば、あなたの勝ち。

07.
アフリカ・セーシェル諸島の海辺で
夕焼けに乾杯

ビーチサイドのリゾートに部屋を借りて、夕日が沈む時間にはカクテルで乾杯。

08.
ベルギーのカナルストリートで
手をつないで散策

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

「ロマンチックなカナルストリート」なんて聞くと、多くの人はベニスやオランダを思い浮かべるでしょう。でも、じつはベルギーのブルッヘがその中でも一番ロマンチックだって知ってた?

09.
コスタ・リカで
サンセットクルーズ

どうしてもカレと行きたい、世界の10の場所。

静かに愛を確かめ合いたいのなら、コスタ・リカのタマリンドがぴったり。ここならサーフィンだって、壮大な自然と戯れるのだって、ビーチのハンモックでリラックスするのだってぜ〜んぶできちゃう。そう、タマリンドはいちいちロマンチックなのです。

10.
アイスランドで
温泉デート

どこに行っても、絵にも描けない美しさでお出迎えしてくれるアイスランド。冒険が好きなふたりなら、氷河へのハイキングや海でツノメドリ探しがオススメ。ただただリラックスするのが好みなら、アイスランドが誇る天然の地熱温泉にジャボンしよう。Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「本気のクリスマス」を感じられる場所
安く海外旅行をしたい人へ。これが覚えておくべきコツです。
毎日が平凡に感じるのは、「離島」へ行ってないからかもしれない。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会