体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

指が受話器になる! Samsungの社内ベンチャーが開発した腕時計用リストバンド

普段使っている腕時計やスマートウォッチのリストバンドを付け替えるだけ。あとは指を耳にあてるだけで通話ができる、すごいガジェットが登場した。

Samsungの企業内ベンチャーであるC-Lab(Creative Laboratory)のInnomdle Labが開発した「Sngl(シグナル)」。普段使っている腕時計やスマートウォッチのバンドとして取り付けると、バンドの内側にあるBCU(Body Conduction Unit)と呼ばれる装置が声を振動に変換し、指を耳にあてるだけで通話ができるようになるというガジェットだ。

BCUはSgnlの開発メンバーが研究を重ねてつくり出した独自の身体電動ユニットで、今回が世界初の製品化である。

■普通の腕時計もスマートウォッチ化できる

スマートフォンとバンドはBluetoothと無料専用アプリ(iOS/Android)を通じて行われ、どんな腕時計(連結部分が18~24mmのもの)もバンドを付け替えるだけでこのユニークな機能が使えるようになる。なおアプリは活動量や歩数などを測定するライフログ、着信やメール、SNSの通知をバンドに振動で知らせるなどの機能を搭載しているので、普通の腕時計もスマートウォッチ化できるというわけだ。

CES 2018で製品ブースを出展、日本からも購入可能

2017年1月に開催されたCES(家電製品中心の展示会)でプロトタイプが発表された時から話題になり、KickstarterとIndiegogoの両クラウドファウンディングでそれぞれ2,000%・220万ドルの資金を獲得。その後正式な販売が決まり、今年1月のCESでは正式に製品ブースを出展している。価格は249ドル(約28,000円)で日本への発送も可能とのこと。3月より発売される予定で、具体的な購入方法などは現時点では不明のため、公式サイトを参考にしてほしい。充電はマイクロUSBで行い、1時間でフル充電される。連続通話可能時間は4時間。


CES 2018での出展ブース

実際に使ってみたところ、音はクリアで、指を耳に直接当てているせいか、うるさい展示会場内にもかかわらず通話は問題なく可能。うっかりマイク付イヤホンを忘れた時でも周囲に声がもれることなくスマートに電話がかけられる。

なお、Sgnlは腕時計がなくても、バンドだけでも使用可能。腕時計を付けない派の人でも指先通話を体験できる。普通の腕時計をスマートウォッチに、スマートウォッチは指先通話機能追加でさらにスマートに。指先で通話する姿も実に近未来感MAXだ。ぜひ体験してみたい。

関連記事リンク(外部サイト)

話題のソニースマートウォッチに新モデル登場! まるでアナログ腕時計なのに性能が…
文字盤に点字が浮かび上がる! 世界初、目の不自由な人向けスマートウォッチ「DotWatch」
小さな子どもでも安全に遊べる! ジェスチャーで操作するドローンが大ヒットの予感

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会