体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デビュー50周年の和田アキ子、HIPHOPに挑戦!

デビュー50周年の和田アキ子、HIPHOPに挑戦!
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「MEET UP」。 1月19日(金)のオンエアでは、和田アキ子さんをゲストに迎えてお送りしました。

2017年10月に歌手デビュー50周年を迎えた和田さん。1968年のデビュー当時は「(曲が)全然売れなかった」と話す和田さんですが、70年に「笑って許して」、72年には「あの鐘を鳴らすのはあなた」といったヒット曲を連発。これまでにリリースされたシングルやアルバムは累計60枚以上にものぼります。50年間歌手を続けられたことについて、和田さんは「半世紀ですよ? 信じられないでしょ?」と自ら驚きを口にしつつも「本当に皆様のおかげですね。聞いてくれる人がいるから。ランキング1位になったとかじゃないからね」と応援してくれた方々に感謝の言葉を贈りました。

続いて話題は、1月24日(水)にリリースされる和田さんのアルバム「WADASOUL COVERS 〜Award Songs Collection」へ。

歌手デビュー50周年記念企画の第2弾となる同アルバムは、フランク・シナトラやレイ・チャールズからノラ・ジョーンズ、アデルと言った海外アーティストの新旧グラミー賞受賞曲を和田さんがカバーした作品となっています。往年の名曲のみならず、最近の楽曲のカバーにもチャレンジした理由について、「『勉強してる』っていう所を見せないと。『どうだ!』って思わせたい!」と熱く語る和田さん。

とはいえ、さすがの和田さんでも最近の洋楽を歌いこなすのは簡単ではなく、特にHIPHOPの楽曲である「Uptown Funk / (マーク・ロンソン)」のカバーでは、英語の発音を習得するのにとても苦労したとか。

「英語の先生を3人くらいつけて。でも、発音が(それぞれ)全然違う。この歌の中に『Saint Laurent』という言葉があって、英語の先生は『サンローラン』って言うんだけど、お友達の黒人ディレクターの人は『サンロレーン』って言うし…。どうすんだよ!?みたいな(笑)」(和田さん)と困惑させられたエピソードを明かしてくれました。

そんな努力の末に生み出された楽曲を聴いた渡部は、「最高ですね! アッコさんのエッセンスがバシバシ入ってる。多分これ、クラブでかけるDJいっぱいいると思います! 相当盛り上がると思いますよ!」と絶賛。「そう言ってくれると嬉しいなあ!」と終始ご満悦の和田さんでした。

デビュー50周年を迎えてなお進化を続ける和田アキ子さんの今後に注目です!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会