体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グレイテスト・ショーマン』ヒュー・ジャックマン&奇跡の歌姫キアラ・セトル、2月に来日決定

『グレイテスト・ショーマン』ヒュー・ジャックマン&奇跡の歌姫キアラ・セトル、2月に来日決定

 映画史に残るゴージャスでスペクタクルなミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』が2018年2月16日に公開となる。この度、アイディアが実現されるまでに7年もの歳月を費やしたヒュー・ジャックマンと、劇中で圧巻の歌声を披露するキアラ・セトルの来日が決定した。

 親日家として知られ、『LOGAN/ローガン』のプロモーション以来、約9か月ぶりの来日となるヒューは「日本のみなさんが、ミュージカルが大好きなことを知っているよ。本作を観た後は、必ず笑顔になれることを保証できるから、きっと日本のみなさんにも気に入ってもらえると思うよ。本当に来日が楽しみだ!」と本作への自信と日本のファンへ向けてメッセージを残す。

 共に来日するのは、ヒュー演じるバーナム一座で人気を博すパフォーマーで、ショーの中でスポットを浴び“This Is Me(これが私!)”と主張できる自分を獲得していくレティ役のキアラ・セトルだ。彼女は、『ラ・ラ・ランド』で昨年の【アカデミー賞】と【ゴールデングローブ賞】のW受賞を果たしたベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、今年1月に発表された【ゴールデングローブ賞】で2年連続「主題歌賞」を受賞した「ディス・イズ・ミー」で圧巻の歌声を響かせる。ベンジ・パセックは、「Hands on a Hardbody(原題)」でブロードウェイに旋風を巻き起こし、【トニー賞】にノミネートされたキアラについて「彼女のことはずっと大好きでずっと尊敬していた女優だ。あんなにスキルとハートを持った人に歌ってもらえて作詞家人生の中で一番感動的な体験だったよ。キアラが「ディス・イズ・ミー」を歌った瞬間に歌がぐっと持ち上がったんだ」と絶賛する。

 2人は、公開直前の2月13日に作品の世界観をイメージした大規模なレッドカーペットイベントに参加予定。ヒューは「オリジナルのミュージカルが作られるのは23年ぶりなんだよ。皮肉なことに僕らと同じ時期に『ラ・ラ・ランド』もゴーサインが出ている。だけど僕らの作品には、3倍の予算がかかっているんだ。スタジオにとっては、すごいリスクだ。他と違うことをやったバーナムから他と同じことはやるな、違うことをやれと教えられたんだ」とオリジナルのミュージカルのヒットが難しいと言われている時代に、本作にはバーナムの精神がしっかりと息づいていることを明かす。そんな自信作を引っさげ、大好きな日本の地で何を語るのか? そして、ゴールデングローブ賞を受賞したキアラの歌声は日本中に響き渡るのか!? その歌声に注目が集まる。

◎『グレイテスト・ショーマン』ヒュー・ジャックマン インタビュー映像
https://youtu.be/Vr_T-T4sIr0

◎公開情報
『グレイテスト・ショーマン』
2018年2月16日(金)より、全国ロードショー
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロンほか
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】映画『グレイテスト・ショーマン』サントラ2週目のNo.1、ブルーノTOP5返り咲き
『グレイテスト・ショーマン』【ゴールデン・グローブ賞】受賞の楽曲について音楽チームが語るインタビュー映像が到着
『グレイテスト・ショーマン』キャスト、史上初のCM生パフォーマンスを成功

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy