体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SPYAIR、土砂降りの富士急で1万5千人を熱狂させた野外ライブを映像化決定

2017年7月29日(土)に富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催された、SPYAIR単独野外ライブ『JUST LIKE THIS 2017』のDVDが2018年3月14日(水)にリリースされることが決定した。同会場で3度目の夏を迎え、チケットは即日完売。SPYAIRの恒例イベントとして好評を得ている。
2017年7月29日(土)@富士急ハイランド・コニファーフォレスト (okmusic UP's)

本公演は、ロックスター達に憧れてバンドを始め、ロックスター達が立ったフェスのステージに憧れ、そこを目指してストリートライブからスタートした彼らならではの大規模な野外ステージ。今回掲げた“ROCK KINGDOM”というテーマをまさに象徴する演出と、前年をはるかに超えるパフォーマンスで15,000人のファンを熱狂させた。「現状ディストラクション」「イマジネーション」といった代表曲はもちろん、1年に1度だけのこのライブにかける熱い意気込みが込められた書き下ろしテーマソング「THE WORLD IS MINE」を筆頭に、「Come on」「No where, Now here」といったライブレア楽曲、最新シングル曲「MIDNIGHT」まで、このイベントならではのスペシャルセットリストを完全収録している。当日は終始あいにくの悪天候に見舞われながら、土砂降りさえも味方につけた臨場感溢れるライブ映像をぜひ堪能してほしい。

初回生産限定盤は三方背クリアケース仕様となっており、さらにカラー40Pフォトブック、ボーナス映像の特典付き。ライブの舞台裏に密着したドキュメンタリーはもちろん、ライブ本編で巨大LEDスクリーンに映し出され場内騒然となった「“BRING IT ON ~Battle of Rap~”」の映像や、全国各地から運行されたオフィシャルバスツアー内で上映されて車内を爆笑の渦に巻き込んだ「第2回 SPYAIRクイズ大会!」も収録!

また、本作を1月26日(金)中野サンプラザ公演を皮切りにスタートする全国ツアー『SPYAIR TOUR 2018 –KINGDOM–』の各会場で予約・購入された方には、先着で特製クリアファイルのプレゼントも。さらにその中から抽選でメンバー直筆サイン入りフォトが当たるスペシャル抽選会も実施されるので、ライブに足を運ぶ方はぜひチェックしてほしい。
DVD『JUST LIKE THIS 2017』
2018年3月14日(水)発売

【初回生産限定盤】(DVD+カラーフォトブック)

AIBL-9388~9389/¥6,759+税

※三方背クリアケース仕様

<収録曲>

■Disc 1 

THE WORLD IS MINE

LIAR

イマジネーション

GLORY

COME IN SUMMER

Blowing

ファイアスターター

RAGE OF DUST

Come on

No where, Now here

Be with

I want a place

Stand by me

BRING IT ON ~Battle of Rap~

ROCKIN’ OUT

Turning Point

THIS IS HOW WE ROCK

JUST ONE LIFE

ジャパニケーション

サムライハート(Some Like It Hot!!)

JUST LIKE THIS

現状ディストラクション

■Disc 2

-Encore-

MIDNIGHT

My Friend

SINGING

◎特典映像  ※初回生産限定盤のみ

・DOCUMENTARY

・“BRING IT ON ~Battle of Rap~”Movie

・第2回SPYAIRクイズ大会!

◎全国ツアー『SPYAIR TOUR 2018 –KINGDOM–』会場特典

ツアー当日会場にてDVD『JUST LIKE THIS 2017』をご予約・購入頂いたお客様に、

先着で特製クリアファイルをプレゼント&スペシャル抽選会開催!

対象商品を1作品につきツアー会場特典に加え、お会計時にスペシャル抽選会にご参加頂けます!

各会場最大3名様限定にて、ご当選のお客様に会場限定SPYAIR直筆サイン入りスペシャルフォトをプレゼントいたします! 是非当日はCD販売コーナーにもお立ち寄りください!

※特典はそれぞれ先着で、無くなり次第終了となります。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy