体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

普段、書店の絵本コーナーに行かない方にお知らせ!今しか置いてない絵本とは…

普段、書店の絵本コーナーに行かない方にお知らせ!今しか置いてない絵本とは…

小説などの場合、売れている本であれば、節分が舞台のもの、クリスマスが舞台のもの、バレンタインデーが舞台のものも1年中、書店に置いてございます。。しかし、絵本は、季節ものの場合、その季節しか店頭に並ばないのでございます。たとえば、節分がテーマのものは、節分前にしか店頭に並ばないのでございます。

なので、節分の絵本は是非、今のタイミングで読んで頂きたいのでございます。そこで今回は、毎年、この時期に書店に並ぶ定番節分絵本の中から、大人も楽しめるものをご紹介いたします。もし、興味を持たれましたら書店で是非、手に取って頂きたいのでございます。

まずは、こちら。おなかのなかにおにがいる (ひさかたメルヘン 32) 単行本 
Amazon.co.jpより

「おなかのなかに おにがいる」(作:小沢孝子 絵:西村 達馬)

興味深いのは、ピクサー映画の「インサイド・ヘッド」とコンセプトがかぶっているところ。1982年の作品なのでもちろんパクリではございません。ピクサー様がパクっている可能性はございますが…。

インサイド・ヘッドでは、人間の頭の中に住む「喜び」「悲しみ」「怒り」「嫌悪」「恐れ」の5つの「感情」がモチーフになっておりましたが、こちらの絵本では、人間の腹の中に住む「くんしんぼうのオニ」、「なきむしのオニ」、「へそまがりのオニ」などがモチーフのなっております。ピクサー様がパクったのかどうか映画と見比べてみるのも一興かと…。

お次はこちら。オニのサラリーマン (日本傑作絵本シリーズ) 単行本
Amazon.co.jpより

「オニのサラリーマン」(文:富安 陽子 絵:大島 妙子)

こちらは、大人こそ、会社員こそ笑える大人向けの絵本でございます。鬼がサラリーマンを務めるというパロディーでございます。勤務先はもちろん、地獄でございます。地獄ではどんな業務が待ち受けているのか?長時間労働の問題は起こっていないのか…。是非、お仕事帰りに手に取って頂きたい絵本でございます。

さらに、こちら。オニじゃないよ おにぎりだよ 大型本 
Amazon.co.jpより

「オニじゃないよ おにぎりだよ」(作:シゲタサヤカ)

こちらは、女子に圧倒的に人気のある絵本でございます。女子といってもお子様ではございません。大人の女性でございます。それも20~30代に大人気でございます。とにかく笑えるのでございます。ドラマにもなった東村アキコ様の「東京タラレバ娘」「海月姫」レベルでございます。

年配の方には抵抗があるのかもしれませんが、笑いのレベルが高いのでございます。シュールでございます。主人公だけでなく登場人物がオール白目でございます。仕事の疲れ、ストレスを解消したい方、是非、仕事帰りに手に取ってくださいませ。癒されること、間違いナッシングでございます。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会