体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで芸術作品のような失敗パノラマ画像が話題に

まるで芸術作品のような失敗パノラマ画像が話題に

テクノロジーの発達によって私たちの生活に非常に役に立つツールが数々と生まれて来たが、そんなツールも時として爆笑もののミスをやらかしてくれる。

「Googleフォト」には、同じ場所で撮った複数の写真をつなぎ合わせて自動でパノラマ画像を作ってくれる機能があるのだが、これが奇跡的なおもしろ画像を生み出したと話題を呼んでいる。

上の画像は、米掲示板サイトRedditユーザーのMelltsDarkerさんが、カナダのアルバータ州にあるスキーリゾート、レイク・ルイーズで撮影した複数の写真を、「Googleフォト」が自動で合成したもの。本来であれば、絵に描いたような美しい白銀の世界のパノラマ画像を期待する所だ。しかし、実際に出来上がったのは、米サウスダコタ州ラシュモア山にある巨大な大統領像のカナダ版と言わんばかりの写真だった。

Redditの別のユーザー、NahAnywayさんがこの摩訶不思議な不具合について、もっともらしい解説をしているのでご紹介しよう。

「多分こういう事じゃないかな。まず人物の頭の左側にある木に注目すると、切り取られた木のてっぺんが、木の上に乗っかっているよね。個々の写真の背景は全く同じ真っ青な空。それで、Google(フォト)は、実際には人物のかなり後方にある木を、人物の顔に対しての大きさの基準にしてしまったのかと。もともと手前の木の上の方も、この切り取られた木とかなり似た枝をしていたんじゃないかな。だから、この2枚の写真をそこでつなげて合成してしまった、ということかと思う」

さすがのGoogleも、こんなつもりはなかったに違いない。ただ、この画像が大勢の人たちに笑顔を与えてくれたことは確かだろう。

以前ご紹介した、「ワイド自撮り」に失敗して撮れたおもしろ写真はこちらをどうぞ。

I took a few shots at Lake Louise today and Google offered me this panorama:

「今日レイク・ルイーズで数枚写真を撮ったら、Googleがこんなパノラマ画像を提供してきた」

■参照リンク
https://www.reddit.com/
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

メリル・ストリープ、自身のオスカー候補作品をいくつ言えるか挑戦するも大苦戦!?【映像】
マーゴット・ロビー、ハネムーン中に起きた驚きのエピソードを披露
ジェニファー・ローレンス、「美しい」半顔メイクを公開!
ヒュー・ジャックマン、ゴールデングローブ賞を逃した時の表情がネットで格好のネタに
メーガン・マークル、エリザベス女王にユニークなプレゼントを贈って笑いを誘う

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。