体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「寒くても不便でもくつろぐためには、スキルが要る。だから何度も行きたくなる」―うしろシティ・阿諏訪泰義、男の“キャンプ”を語る

「寒くても不便でもくつろぐためには、スキルが要る。だから何度も行きたくなる」―うしろシティ・阿諏訪泰義、男の“キャンプ”を語る

人気バラエティ番組で、プロ級の料理の腕前を披露している阿諏訪(あすわ)さん。でも、プライベートではほかにもさまざまな趣味を持っています。とりわけ熱くハマっていることのひとつが、“キャンプ”。しかも、主に一人で行くことが多いのだそう! 一人キャンプの醍醐味や、シーズンインしたばかりの冬キャンプについて聞きました。

人間界を離れるため、野ざらしのキャンプ場へ……!

――まず、阿諏訪さんはなんでキャンプにハマったんですか?

23歳くらいの夏、友達と公園でBBQをしていたんです。火を囲んで汗だくになりながらビールを飲んで「あ、外でお酒飲むのってこんなに楽しいんだ」ってなったのが、そもそものきっかけ。もっと長く外にいたいと思って、次はみんなでキャンプに出かけるようになりました。

で、9月になり、10月になり、夏が終わってみんながキャンプしなくなってからも、僕はまだしたい。「あ、みんな行かないんなら一人で行ってみるか」って、奥多摩に出かけました。いまでこそ「紅葉キャンプ」みたいなものもメジャーだけれど、当時はまだキャンプといえば夏の遊びだったから、10月の平日なんてがらっがらに空いてました。それがまた快適で!

――そこで、一人キャンプに味を占めたわけですね。

でも、一人でがらがらのキャンプ場にいると、次は街灯や自動販売機、きれいに整備された炊事場、トイレなどに違和感をおぼえてくるんです。「これは果たして自然のなかなのか? いや、設備が整っていないだけでまだ人間界のうちだな……」って。それでもっと何もないところに行きたいと思い始めたのが、27〜28歳くらいのころでした。

いまはキャンプが流行っているから、おしゃれなグランピングスペースとか、Wi-Fiや電源まである高規格のキャンプ場がいっぱいあるでしょ。でも僕が行きたいのは真逆で、低規格のキャンプ場なんです。整備も行き届いていない、野ざらしみたいなところが最高(笑)。公式サイトとかもないから、電話帳とかから発掘するわけですよ。

で、いそいそ出かけてピンポン鳴らして、「ちゃんとキレイにして帰るから、一泊だけしてもいいですか?」って頼んでね。仲良くなったら、次は東京からお土産持って行くわけです。

前はレンタカーで行ってたけど、せっかく休みなのに車が確保できないときもあったから、3年前に中古でジムニー(スズキの軽四輪駆動車)を買いました。ほぼ、キャンプに行くための買い物です。

 

一人で行くキャンプは“究極の引きこもり”

▲昔は値の張るアウターなどを着込んでいたが、たき火で穴があいてしまうため、最近はもっぱらUNIQLO。充分に暖かい。

――人間界を離れて一人でするキャンプ、醍醐味は何なんでしょうか。

一人で行くキャンプって“究極の引きこもり”なんですよ。家に一人でいても、街の音とかで人の動きを感じるじゃないですか。でも、山奥に行ってしまえば、周りは鳥の鳴き声や草が揺れる音だけ。人の気配がまったくないんです。普段いちばんストレスになりやすい対人関係が、山ではゼロになる。お酒を飲んでも、寝ても、何やってもいいし、1mmも気を遣わなくていいわけです。まぁ、遠くから「ガサガサ!」とかって得体の知れない音が聞こえてくることはあるけど、それもある意味楽しいし(笑)。

出発する前夜はまず、家のベッドで「明日は山奥で寝るのかぁ~」という最初のワクワクを感じます。現場に着いて、自然を感じながらまたワクワク。周りを見て「ここは寝るところ、ここでくつろいで、川の近くでごはん食べて……」とか考えながら、もう“秘密基地”を作るような感覚ですよね。そのあとも火が無事におこせたら、達成感。ごはんやお酒がおいしくて楽しい。星がキレイでうれしい。そんなふうにずっとテンションが上がってるから、キャンプが終わるとぐったり疲れます(笑)。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy