体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外と汚れが!カーテンの洗濯のコツ|洗濯の基本

意外と汚れが!カーテンの洗濯のコツ|洗濯の基本

カーテンの洗濯はなんだか難しそうと思っている人も多いのでは? カーテンはホコリやカビなどで驚くほど汚れています。自宅で簡単にできるカーテンの洗濯方法、カーテンの種類によって注意すべきポイントや干し方のコツをご紹介します!

目次

カーテンの洗濯で注意すること

カーテン洗濯のポイントと洗濯方法

清潔なカーテンを保つコツ

カーテンの洗濯で注意すること

カーテンが汚れていると、部屋の印象が暗く沈んでしまうこともあります。家庭で洗えるカーテンは、汚れたらきれいに洗って部屋を明るく保ちましょう。
カーテンをご家庭で洗濯する際に、注意するべきことをご紹介します。

 

カーテンの洗濯で事前にチェックすること

© PIXTA

【洗濯表示マーク】

洗濯の前に、まずはカーテンについている洗濯表示をチェックしましょう。
洗濯表示は2016年12月1日に改正され、従来の絵表示から新しいものへとデザインが変更になっています。
消費者庁のHPで新しい洗濯表示を確認できますので、確認してみてくださいね。
新旧ともに、洗濯おけに×マークがついている洗濯表示の場合は、家庭で洗うことはできません。また、新表示で正三角形に×マークが書かれたものは、酸素系であっても漂白剤入りの洗剤は使えませんので注意しましょう。
旧表示で「手洗い」マークや「洗濯機」マークがついているもの、新表示で「洗濯桶」マークや「手洗い」マークがついているものは、家庭で洗うことができます。

 
【カーテンの種類にも注意】

レースカーテン、ロールカーテン、遮光カーテン、防災カーテンなど・・・。カーテンには様々な種類があります。
洗濯の前に洗濯が可能か、またそれぞれの取り外し方や取りつけ方、洗濯の仕方など、事前に説明書をチェックしてくださいね。

 

カーテン洗濯のポイント

© PIXTA

カーテンを洗濯する際のポイントについてご紹介します。

 

【Point1】カビは事前に落としておく

カーテンについたカビは、通常の洗濯ではなかなか落とすことができません。全体的に広範囲にカビがついてしまった場合は、無理せずプロの業者に依頼しましょう。
今回は部分的についてしまったカビの落とし方をご紹介します。

【用意するもの】

衣類用中性洗剤・・・適量

清潔なタオルや雑巾・・・適量

古歯ブラシ・・・2本

【手順】

歯ブラシで、表面のカビを軽く叩くようにはらい落としていきます。

カビが生えている箇所の反対側に布をあてて、中性洗剤を付けた別の歯ブラシを使って、同じように叩きます。

カビが布に移ったら、水で濡らした別のタオルを使って、カビが生えた部分を叩くように拭いていきます。一度使った布にはカビが付着しているので、使わないようにしましょう。

 
【ガンコなカビには塩素系漂白剤で部分洗い】

上記の方法で取れないガンコなカビの場合は、塩素系漂白剤での部分洗いを試しましょう。カビのついた箇所に直接塗り、10分程度放置。その後水でしっかりと洗い流し、カーテンを丸洗いします。
ただし、家庭での洗濯ができるカーテンの場合も、色柄物など漂白不可の洗濯表示があるカーテンの場合は、塩素系漂白剤が使えません。
旧表示で「エンソサラシ」マーク、新表示で正三角形マークが書かれているものが、塩素系漂白が可能です。どちらのマークにも×マークがあると塩素系漂白剤は「不可」の意味ですので注意しましょう。

 

【Point2】掃除機で表面のホコリを取っておく

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。