体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花嫁のれんに乗車&のとじま水族館で釣り…5歳の父子旅【前編】

花嫁のれんからのぞく息子

ち・な・み・に!! お昼ご飯に金沢駅で見つけた「ぶりのすし」。この駅弁がめちゃくちゃうまくて本当に感動したので、皆さんも金沢に立ち寄った際には、ぜひ食べてみて! 有名な「ますのすし」のお店で販売。

ぶりのすし ますのすし
ぶりのすし

ぶりのすし、メモリアルなうまさ。北陸のおいしさが、すべて詰まっている、感動の駅弁

ジンベエザメとフグを、ひたすら眺める

花嫁のれんから下車した僕たちが目指したのは、和倉温泉駅からバスに乗って30分、1日目のメインディッシュ「のとじま水族館」。デカくて有名なジンベエザメがいて、しかも釣りができる施設も隣接している水族館で、見て楽しい! 釣って楽しい! おさかな天国のような施設。

息子は大の魚好きで、魚にかなり詳しい魚博士でもある。そして釣りも大好きなので、のとじま水族館はウチの息子のための水族館と言っても過言ではない。
のとじま水族館前

水族館前のジンベエザメと、シェー

水族館に入るといきなり! ジンベエザメの泳ぐ巨大水槽がドーーン! 息子と僕は、初めて見るジンベエザメに釘付け。人は本当に驚いた時、語彙力が著しく低下する。

僕 「でかっ! すごいでかい! やばい! でかい!」
息子「でかっ! でっけぇー! でかすぎる!」

ジンベエザメを見たことがある人はわかると思うけど、「でかい」「すげー」「やばい」以外の言葉をすべて忘れる。それくらいに、間近で見るジンベエザメは「でかくてすごくてやばい」お魚だった。
ジンベエザメの水槽を、僕ら親子は飽きもせずに1時間ずっと眺めていた。最高に楽しい時間だった。時間が無限にあるのなら、朝から晩までずっと見ていたかった。ジンベエザメ最高。
しかし有限の時間の中で行動している僕たちは、ジンベエザメを見続けていたい気持ちを抑えて、釣りへと向かった。

水族館のすぐ横にある釣り施設「海づりセンター」は海上に造られた桟橋で、人工の磯場のようになったところ。釣り道具も一式借りられるので、手ぶらで釣りができる。

のとじま水族館 海づりセンター
前のページ 1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。