体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花嫁のれんに乗車&のとじま水族館で釣り…5歳の父子旅【前編】

花嫁のれんに乗車&のとじま水族館で釣り…5歳の父子旅【前編】

こんにちは! 5歳(嫁公認アカウント)です。
僕には嫁と2人の息子たちがいます。嫁は街を歩けば誰もが振り返るくらいの美人なのですが、家の中では鬼さえもかわいく思えるほどに恐ろしい嫁です。そんな嫁と息子たちの様子をツイッターで呟いていたところ、フォロワーがかなり増えて、今では「ツイッターで話題の!!」とまで言われるようになりました。

そんな僕ですが、今回は6歳の長男と1泊2日の北陸旅行へ。おそろいのサングラスでカッコつけた、父と子の男2人旅に、どうぞ最後までお付き合いください。

旅行当日の朝はトラブルから

5歳息子

ぐっすりと眠る息子。このあとに修羅場が待ち受けているなんて

「旅行に行かない! ママといるぅぅぅううう!!」

息子の叫び声から、僕らの旅は始まった。時計の針は午前5時を指していた。JR東京駅発金沢行きの新幹線の出発時間は7時20分だったので、早起きをする必要があった。準備は前日にバッチリしておいたのだが、早朝すぎて息子の機嫌が最悪だった。

抱き抱えてとりあえず駅に向かうも、「まだ暗い! 寒い! 夜だよぉおお!」と、なおも叫ぶ息子。確かに暗いし、寒いし、まだ夜だ。しかし、電車の時間は迫っている。駅の改札口で、嫁にしがみついて離れようとしない。昨夜までは「早く明日にならないかなぁ!」と、楽しそうに荷造りしてたのに! 寝起きは子どもの人格を変えます。

旅行が、改札口を通ることなく破綻しかけていた。焦る僕……。

僕は、あらゆる手を使って息子を釣ることにした。

「ずっとYouTube観てていいから!」
「お菓子も好きなだけ買ってあげる!」
「なんでも好きなオモチャ買ってあげるから!」

思いつくやつ全部言ってみた。

しかし息子は一向に泣きやまず、嫁にしがみついている。

こういう時のために、僕には秘策がある。嫁と顔を見合わせて、「アレをやろう」と2人でうなずき合った。

僕は立ち上がり「じゃあ、パパ、寂しいけどひとりで行ってくるね」と本気の泣き真似をしながら改札を通り、本気の泣き顔で「バイバイ」と別れを告げた。朝5時から改札口で全力で泣き真似する34歳の僕。道行く人に何事かと見られていたが、なりふり構ってはいられない。こちとら絶体絶命なのだ。

するとどうでしょう。
とぼとぼと歩く僕の後ろ姿に向かって、息子が「まってぇぇええ!」と叫びました。

キタァァァーーーーーーーーー!!!

嫁と2人で小さくガッツポーズ。

改札を通るだけで、これだけのやりとり。子どもって、子どもって、本当に思ったようにならないよね!! 寿命がマジで少し縮んだよ!!
息子を受け取ると、すぐさま電車へGO!!
ギリギリセーフで電車に乗り込む。(あと1分遅かったら、マジで旅行終わってた。やばかった)
朝からすっかり目が覚めた。

息子は最初こそちょっとグズグズしていたが、少したつと「ねぇねぇYouTube見せてよ」と言いだした。
その次に「ねぇ、お菓子どこで買うの? あと、オモチャ屋さんにはいつ寄ってくれるの?」

おまえ! 泣きながら全部聞いてたのかぁぁ!

息子はニヤニヤとしながら僕を見上げる。

「策士、現る」と思いながら、お菓子はあとで、そしてオモチャは後日に買うことを約束した。(さらなる出費)
そして欲しいものをすべて手にした息子と、少し寿命が縮んだ僕は出発の地、東京駅に降り立った。

北陸新幹線かがやき&花嫁のれんで、テンションMAX!

北陸新幹線かがやき

北陸新幹線かがやきの前でパチリ。さっきまで泣き叫んでいたことをすっかり忘れている息子。すでにノリノリである

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会