体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギタープロジェクト「TSU!」スタジオライブをお届け!

ギタープロジェクト「TSU!」スタジオライブをお届け!
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。1月19日(金)のオンエアでは、現在来日中のギター・ソロプロジェクト「TSU!(ツ!)」として活躍しているイスタンブール生まれのギタリスト、ジェームズ・ハカン・デデオウルさんをゲストにお迎えしました。

ジェームズ・ハカンさんが、2011年に「TSU!」としてソロプロジェクトをスタート。アコースティック・ギター1本によるアシッド・フォークで、2010年代らしい無国籍さをたたえながら、中東一の国際都市イスタンブールらしさを漂わせています。2017年1月に初来日公演を行い、その模様を収めたアルバム「TSU! − LIVE IN TOKYO (2017) 」がアナログ盤で限定発売されました。

ジェームズ・ハカンさんは、イスタンブールの音楽、アート、映画、文化を紹介する「Bant Magazine」の編集長としてシーンに貢献し続けています。13年間続いているこのマガジンは、印刷版とウェブ版があり、トルコ語で書かれています。

また、ジェームズ・ハカンさんは、「イスタンブールに来る予定の人の手伝いもできるし、紹介できる場所もあるので、、ウェブサイトにあるメールアドレスにメールをください」と話しました。

今回、アナログ盤で発売された「TSU! − LIVE IN TOKYO (2017) 」は、プロデューサー・久保田麻琴さんがライブミックス、マスタリングを手がけています。3年前にサラームが、久保田さんとジェームズ・ハカンさんを家に招いたことが2人の出会いのきっかけだったそう。その際に、ジェームズ・ハカンさんが渡したアルバムを久保田さんが気に入り、来日公演が実現したとか。そして、ジェームズ・ハカンさんが、この来日公演について、イスタンブールのレコードレーベル主催者に話したところ「アナログ盤でレコード発売するべき」というアドバイスをもらい、250枚限定で作ることになったと、経緯を話しました。

オンエア後半ではTSU!のスタジオライブ「My Home is Where My Heart Beats」、「Great Pine」、2018年に発表される新作「Rise & Fall of Toroni」と、3曲たっぷり演奏してくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会