体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【産後あるある6】”お母さん”スタートのリアル by チッチママ

みなさんこんにちは、チッチママです。

前回の記事で無事チッチの出産を迎えたチッチママですが、

ここからが「お母さん」スタートになります。

産後直後、産院での様子をご紹介したいと思います。

1:まだ何か入ってる?

f:id:akasuguedi:20180119003817p:plain

出産を終えれば妊娠前の体重、お腹に戻ると思っていました。

出産後すぐにうつぶせで寝たいと思っていましたが、なんだか怖くてしばらくできませんでした。

2:恐怖のトイレタイム

f:id:akasuguedi:20180119004031p:plain縫った傷が開かないかとても怖かったです。

常に腰は浮かせていました。

3:不格好な授乳ポーズ

f:id:akasuguedi:20180119004109p:plainなかなか吸ってもらえず、汗だくになりながら頑張ったのを覚えています。

4:ペンギン歩き

f:id:akasuguedi:20180119004226p:plain

まさか普通に歩けなくなるなんて思ってもいませんでした。

それ程骨盤も開いたということなのでしょうか。

関連記事:自分が自分じゃないみたい…。産後3日目に突如わたしを襲った感情暴走族の正体 by ゆき

5:母子別室の寂しさ

f:id:akasuguedi:20180119004431p:plain

産まれたばかりの我が子をずっと抱っこしていたい。授乳時間の時だけしか触れることができなかったのでこのまま部屋へ連れて帰りたいと何度も思いました。母子同室か、母子別室か…悩むところです。

6:もう母親

f:id:akasuguedi:20180119004509p:plain

新生児の泣き声はみんな似た様なものだと思っていましたが、やはり我が子の泣き声はDNAレベルで識別できました。この瞬間に「ああ、私この子のお母さんだな。」と改めて感じました。

10ヶ月間のマタニティ生活や出産を終えて、また新たな境地に足を踏み入れました。

産院での約1週間は、ずっと会いたかった我が子をこの腕に抱ける喜びに浸りながら過ごしていました。 前回エピソード:恐怖だった会陰切開!長時間の陣痛に耐えた私は… by チッチママ

f:id:akasuguedi:20170518055358p:plain

著者:チッチママ

年齢:27歳

子どもの年齢:0歳2016年6月末に娘を出産。インスタグラム(@chicchi.diary)を始めてから、毎晩寝かしつけの後に娘の成長や家族の様子を描くのが私の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

気づかいも必要だけど連帯感が心地いい。チームのような相部屋入院生活 by pika
家事ができない夫もがんばった! 里帰り出産は夫婦お互い成長する貴重な経験に
出産予定日から1週間経過しても生まれなかった我が子はマイペース!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会