体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気づかいも必要だけど連帯感が心地いい。チームのような相部屋入院生活 by pika

気づかいも必要だけど連帯感が心地いい。チームのような相部屋入院生活 by pika

こんにちは、pikaです。3歳の双子男児を育てています。

双子の妊娠、管理入院中のお話。

今回は、4人部屋での共同生活の様子を漫画にしました。 前回エピソード:動悸、震え、発汗、疲労感、そして筋肉痛。張り止めの点滴三昧で母体は限界に… by pika

f:id:akasuguedi:20180117092444p:plain f:id:akasuguedi:20180117092522p:plain

わたしが入院したのは一般病床の4人部屋。一人あたりのスペースは5畳程で、ベッドの両サイドに人ひとり分のスペースがあるくらいの広さです。

わたしにとっては、初めての入院生活となった訳ですが、

一通りの生活に慣れるまで、だいたい1週間程かかったでしょうか。

流れを把握してからも体調の変化が激しい日々……。毎日カレンダーとにらめっこしては、1日終わるごとにバツ印をつけ、憧れの「外の世界」へ戻れる日を心待ちにしていました。

カーテンで仕切ってしまえば半個室となる4人部屋での入院生活は、慣れてしまえば、意外とプライベートを保てるということも分かりました。

カーテン越しの気配や、トイレ洗面など共有部分での気遣いは、もちろんあります。ただ、長い時間を供に過ごすうち、自然とお互いの距離が縮まっていきました

f:id:akasuguedi:20180117092548p:plain

わたしのいた部屋では、だいたい20週後半から入院されているかたが多かった印象ですが、当然ながらそれぞれに「出産予定日」が異なります。

数週早い「先輩」が次々と卒業していくうち、次第に自分が部屋の主となっていき、いつの間にか部屋の長老的存在へ。わたしは「最長老」になるまでには至りませんでしたが(4か月以上入院している大先輩がいた…)、それでも2か月間、いろいろなメンバーの移り変わりがありました。

卒業メンバーは産後、部屋まで挨拶に来てくれることが多く、出産の話を聞いて励まされたり、赤ちゃんの写真に癒されたりしました。

同室メンバーが出産すると、ほんとうに嬉しかったです。f:id:akasuguedi:20180117092615p:plain

管理入院という同じ立場で過ごした2か月間、いっしょに喜んだり助けあったりできたことが、わたしにとって大きな支えになっていたなあと、退院間際になりしみじみと思いました。一人だったらきっと、辛さにばかり目がいってしまい、余計に辛かったのではないかなと思います。

とくに35週を越えてからの、精神的にも肉体的にもハードだった「双胎ラストスパート」では、「同じように頑張っている仲間がすぐ傍にいる」という事実に何度も励まされました。部屋の全員と特別強い繋がりがあったかというと、そういう訳でもないのですが…。同じ双胎のママさんとは、退院後も会ったり連絡したり、その後の育児の支えにもなりました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。