体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

植物の水やり、もっとエコにできるみたい。

植物の水やり、もっとエコにできるみたい。

植物の水やりには水道水、あるいはお米のとぎ汁などでまかなっている人が大半だと思います。でも、そもそも屋外の草木は雨にあたるわけだから、雨水っていう手もアリですよね。

雨水を貯めておいて、水やりができる。

植物の水やり、もっとエコにできるみたい。植物の水やり、もっとエコにできるみたい。

排水管に取り付けておくだけで、雨が降ると自動的にタンクに貯水される「Raindrop」。水が貯まったら、蛇口をひねって水道と同じように使うことができます。

いわゆる「貯水タンク」は、樽の形で”いかにも節水をしている”感じが出てしまうものが多いですが、これはオランダのデザイン会社が出していることもあって、庭に設置してもあまり違和感がなさそう。タンクとじょうろが一体型になってるっていうのもスマートです。「しずく型」っていうのもひとひねりあって、いくつかデザイン賞も受賞しているみたいですよ。Licensed material used with permission by Studio Bas van der Veer

関連記事リンク(外部サイト)

消臭機能をプラスした観葉植物「eco-pochi」。発想がイイね!
今すぐできる。多肉植物の「水耕栽培」による育て方
夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会