体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長時間のスマホやPC、乾燥が原因……疲れ目から解放されるヒントは?

長時間のスマホやPC、乾燥が原因……疲れ目から解放されるヒントは?

肩こりや気疲れと同じく、日ごろ感じる「困ったな」のひとつに、疲れ目がある。

この疲れ目、世の中の20~40代は、実際にどう感じているか? 「サンテメディカルシリーズ」などを展開する参天製薬は、20~40代 男女500名を対象に、疲れ目に関する調査を実施。

まず、「目の疲れが、日常生活に影響をおよぼすことはある?」の問には73%が「ある」と回答。「家事や仕事への集中力ややる気が無くなる」(36歳・女性)、「クルマの運転に支障が出る」(47歳・男性)、「目が疲れると、同時に頭痛がしてくるときがある」(38歳・男性)など、気分や体調にも影響がおよんでいる。

また、自身が思う「疲れ目」の原因について聞くと、「パソコンの長時間利用」(62%)、「スマートフォンの長時間利用」(54%)が上位に。「エアコンや空気の乾燥などによるダメージ」と回答した人も39%と約4割を占めた。

対策方法トップは「目薬」、選び方は「自信なし」

さらに、「目の疲れを感じたときに、どのような対策をする?」という問には、「目薬をさす」が最も多く56%、「目をマッサージする」(38%)、「目の体操をする」(35%)と続いた。

いっぽうで、「疲れ目の原因にあった目薬を正しく選べているか?」と聞くと、「自信がある」と答えた人はわずか21%。約8割が、目薬選びに自信を持てないことがわかった。

疲れ目の原因と対策、眼科医に聞く

 

そこで、疲れ目の原因と対策だ。すみ眼科クリニック藤井澄院長は、疲れ目の原因について、「目の酷使」と「目の乾燥」をあげていた。

「目の酷使は、パソコンやスマートフォン等を長時間利用するなど、目のピント調節機能を使い過ぎることで、疲れ目の大きな原因に。また、目が乾いてしまうと、角膜が傷つきやすくなり、物が見えにくくなって疲れにつながる」(藤井院長)

「目の乾きがひどいドライアイは、増えている。原因は、例えばコンタクトや加齢、さらにはエアコンなど。冬季はただでさえ空気が乾燥する。朝、冷たい風が吹いたときに涙がボロボロ出てしまうのは、目が乾いている証拠」(藤井院長)

原因・症状に適した目薬を

藤井院長は、目薬の選び方について、こうアドバイスする。

「目薬は、どのようなものでも良いというわけではない。原因はさまざま。自分の原因・症状にあった目薬を選ぶことが重要。目薬によって効果・効能が異なるため、パッケージを確認したり、店頭で薬剤師さんに相談したりして、適した成分が入ったものを選ぶように」(藤井院長)

「また、目の酷使を自覚している場合は、パソコンやスマートフォンを使うときには、目を休ませる。目の乾燥を自覚している場合は、部屋に加湿器をつけたり、コンタクトの装用時間を短くしたり、目薬を活用しながら日常の生活を見直すように」(藤井院長)

乾燥するこの時期、目を休ませながら、適した目薬をチョイスしながら、疲れ目からの解放に、トライしてみて。DRUG magazine(ドラッグマガジン)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会