体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「嘘を愛する女」監督が高橋一生にオファーしたのは…

「嘘を愛する女」監督が高橋一生にオファーしたのは…
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「TSUTAYA ENTER-MINUITS」。1月19日(金)のオンエアでは、映画「嘘を愛する女」をピックアップ。監督・脚本の中江和仁さんにお話を伺いました。

「嘘を愛する女」は、新たな才能の発掘を目指し開催された「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015」で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画です。長澤まさみさん、高橋一生さんなどの出演で映画化され、1月20日(土)から公開されています。

大手食品メーカーに勤める主人公・由加利は、研究医で優しい恋人・桔平と同棲5年目を迎えていましたが、ある日、桔平が倒れて意識不明となり、それによって、彼の名前、職業など全てが偽りだったことが判明します。由加利は彼の正体を探るため、旅に出ます。その先にあった真実の愛とは…というラブストーリーです。

このなんとも興味深い設定は、実際に起きた出来事がモチーフになっており、中江さんが高校生だった頃に読んだ辻仁成さんのエッセイに、ストーリーの元になる新聞記事が載っていたそうです。ある男性医師が病死し、戸籍も勤務先も嘘だったことをのちに妻が知ったという出来事でした。1991年の事件ですが、中江さんはこの話を元にいつか映画化したいと思っていたとか。

結局、その男性の正体は分からずじまいなため、そのような出来事が起きた理由と、どのようにすれば映画として一本の筋が通るのか、を考えたそう。

キャストを考えるにあたり、長澤さんとはCMの仕事でご一緒したことがあり、演技のうまさでオファーをしたものの、相手の男性役を決めかねていたそう。そこで、奥様に意見を求めたところ「高橋一生さんがいいんじゃない?」という鶴の一声で決まったとのことでした。

皆さんの芝居のうまさを改めて感じられる作品で、「ぜひ、芝居を観に来ていただけたら」と中江さん。放送では主題歌となっている、松たか子「つなぐもの」もオンエアしました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会