体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazon、自動レジのリアル食料品店を本社内にオープン!

アマゾン待望のリアル食料品店「Amazon Go」が、シアトルにオープンした。食品系実店舗展開の計画を、着々と押し進めていた同社。1年の歳月を経て、とうとう実を結ぶときがきたようだ。

・スマホによる自動精算

販売開始は、米国時間の1月22日。場所はアマゾン本社内で、広さは一般的なコンビニエンスストアと同じくらい。営業時間は午前7時~午後9時までとなる。これまでベータプログラムとして社員のみが利用してきたが、テストを繰り返した結果、満を持して一般向けにオープンすることとなった。

最大の特長は、レジなしで買い物できるところ。会計の役割を果たすのは、スマートフォンだ。事前に「Amazon Go」アプリをダウンロードし、入口でスキャンしてから入店する。品物を選んだら、そのまま店を出ればいい。商品は自動精算され、ユーザーのAmazonアカウントへ請求される仕組みだ。

・将来は無人化に!?

「それじゃあ、店の中はザル!?」そう思う人もいるかもしれないが、心配は無用。店内に設置された膨大な数のセキュリティカメラとセンサーが、すべてのアイテムをトラッキング。棚から物を取れば、バーチャルショッピングバスケットに商品が追加され、元に戻すと取り除かれる。万引きは不可能に近いだろう。

現在は、買い物をサポートする従業員が常駐しているが、将来的には無人化にする予定だという。ちなみに、同社が昨年買収した高級スーパーマーケットチェーン店Whole Foodsに同様のシステムを導入する予定はない、とのことだ。

souce by usatoday.com

Amazon.com: : Amazon Go

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。