体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4人となった新生ももいろクローバーZの「覚悟」!パワーアップする新ステージの幕が上がる! 

4人となった新生ももいろクローバーZの「覚悟」!パワーアップする新ステージの幕が上がる! 

ももいろクローバーZ 百田夏菜子 ブログを更新しました。 『新しい青空へ』https://t.co/xHYZJAdkRM#ももいろクローバーZ百田夏菜子#アメブロ pic.twitter.com/1yxrA0qGjI— ももりこぶたZ (@momorikobuta517) 2018年1月21日

2018年1月21日「ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~」幕張メッセライブでメンバーの有安杏果がグループ卒業、そして芸能界を引退した。衝撃の発表から、わずか一週間での出来事。ファンからすると、嵐が突然やってきて心の整理もつかないまま過ぎ去ったといっていいだろう。それでもライブの最後は、メンバーも、そしてモノノフも、涙まじりの笑顔で有安の卒業を祝福し盛大に見送った。

やりきれない気持ちの人も多いだろう、杏果がいないももクロに魅力を感じなくなり、モノノフを卒業する人もいるだろう。今頃”杏果ロス”で沈んでいる人も多いだろう。今回が、ももクロとモノノフが一緒に歩んできた8年間の”笑顔の道”に生じた最大の落とし穴だ。

4人になったももクロ、何が変わる? 

ここからは考察である。まず、4人になって最大のリスクは「歌唱力」だろう。

ももクロで一番の歌唱力を誇っていたのは有安であった。ももクロの楽曲は150曲を超えるが、聴かせどころ、難しいパートとされる部分の多くを有安が担っていた。

過去に2度、「担当カラー交換ライブ」という企画を行ったことがある。これは、5人シャッフルして自分以外のメンバーの歌パートとダンスを担当するというユニークな企画だが、4人は口を揃えて「有安の担当はイヤ!」と言った。それほど、有安が歌うパートはハードルが高くプレッシャーがかかることを証明するエピソードだった。

つまり今後は、そんな杏果パートを4人で割り振って歌わなければならない。ももクロは、激しいダンスをしながら口パクではなく全て生で歌う・・・もう一度言う

ももクロは、生声で歌っているのだ

今後は更なる歌唱レベルのアップと、ダンスをしながら歌う体力作りもかなり必要になるだろう。また5人から4人へのダンスフォーメーションも変わる。これらをイチから立て直す作業はかなり骨が折れる。

歌えない曲も

ももクロには、誰かがメインとなって歌う曲も多い。そして、自分たちももクロのことを歌った曲もある。つまり4人では二度と歌えない曲や、杏果の印象が強くて歌いにくい曲が浮かぶわけだ。仕方ないとはいえモノノフはこれが残念だ。

「Z伝説 ~終わりなき革命~」・・・おそらく二度と歌えない

「行くぜ! 怪盗少女!」

「スターダストセレナーデ」

「ももクロのニッポン万歳!」

words of the mind

「5the POWER

「モノクロデッサン」

「ゴリラパンチ」

~などは難しいかもしれない。

特に「行くぜ!怪盗少女!」は、“百田夏菜子のえびぞりジャンプ”という、ももクロ名物の見せ場があり、特に年越しのカウントダウンライブでは、えびぞりジャンプの瞬間に新年を迎えるのが恒例になっている。歌詞の冒頭で5人の名前が登場するので、これを4人に変える必要がある。

新たなるステージに突入

4人になったももクロ、これは試練であるに違いない。乗り越えなければならないハードルになったわけだが、ただ、ももクロ10年の歴史をプレイバックすると、何度かターニングポイントを迎えている。

大まかに区切ってみると、今回ももクロは「第4ステージ」に突入した、と考える。

第1ステージ「2008年デビューから2011年早見あかり(現・女優)脱退まで」

俳優事務所のスターダストプロモーションが初めてアイドル業を企て、2008年「ももいろクローバー」が産声を上げる。幾度かのメンバー入れ替えや増減があって、高城れに、百田夏菜子、玉井詩織、早見あかり、佐々木彩夏、有安杏果の6人に落ち着く。路上ライブや全国を車で回るドサ回りキャンペーンなどしながらファンを獲得し、インディーズデビューを果たす。

アイドルファンレベルで人気が高まり、さあこれから! という時、2011年の日本青年館ライブを最後に早見あかりが脱退。そして、メンバーに知らされず「ももいろクローバーZ」に改名されて一悶着(笑)。

第2ステージ「2014年、国立競技場ライブまで」

5人で新体制を組み、いっそう意欲的に様々なイベントへ出向きパフォーマンスを披露、ライブ数を重ねて経験を積んだ。そして5人のひたむきな姿と、裏方の奇抜な演出展開が話題となって、雪だるま式にファンを獲得。2012年夏には初のドーム球場ライブ(西武ドーム)が実現し3万7千人を集めるまで成長。目標だった紅白歌合戦にも出場を果たした。ここから人気は更に加速した。

第3ステージ「国立競技場ライブから、2018年1月有安杏果卒業まで」。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。