体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

味噌と甘酒の甘味がマッチした「長崎県産鰤の甘酒味噌焼き」

1月19日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、午前05時25分~)では、ブーム拡大中の甘酒を使ったグルメを特集したコーナーで、「はーべすと・ルミネ池袋」(東京都豊島区)が紹介された。

同店は、JR池袋駅から徒歩1分程にあるバイキングレストラン。「平日大人ランチ」(1,618円)と「平日大人ディナー」(1,942円)は、季節ごとに変わる60種類以上のメニューをバイキング形式で味わうことができる。

お店に訪れた松元絵里花さんが最初に見つけた甘酒メニューは、白米で作ったノンアルコールの「白い自家製甘酒」と黒米で作った「黒米の自家製甘酒」の2種類の甘酒。松本さんが「白い自家製甘酒」を頂くと「甘いんですけれど後味がすっきりしていて、お粥みたいで飲んでるよりは食べてる感覚です」と笑顔でコメント。「黒米の自家製甘酒」は白米よりも歯ごたえと香りが強いのが特徴だ。

他にも甘酒を使ったメニューが豊富にあり、「安納芋と米粉の甘酒味噌グラタン」はバターの替わりに甘酒や米粉を使った一品。「長崎県産鰤の甘酒味噌焼き」は、味噌に甘酒のタレ・柚子を混ぜることで鰤の身がとても柔らかくなるのだとか。松元さんが「長崎県産鰤の甘酒味噌焼き」を一口頂くと「すごくしっとりしています!味噌と甘酒の甘味が良くマッチしていて美味しいです」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:自然食バイキング はーべすと ルミネ池袋店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×和食のお店一覧
味の染みた牛すじと豆腐が味わえる「牛すじ煮込み」
歯ごたえ抜群のマッシュルームが載ったプロシュート

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会