体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年第一弾シングルは攻撃性と屈折感のある重厚且つヘヴィな1曲 / 「シック・ボーイ」ザ・チェインスモーカーズ(Song Review)

2018年第一弾シングルは攻撃性と屈折感のある重厚且つヘヴィな1曲 / 「シック・ボーイ」ザ・チェインスモーカーズ(Song Review)

 超ハイテンションのEDM「#セルフィー」(2014年)でブレイクしていた頃、ザ・チェインスモーカーズがこんな形で進化し、ここまでブレイクすると誰が予想していただろうか。

 初の全米TOP10入りを果たした「ローゼズfeat.ロゼス」(2015年)以降、2016年リリースの「ドント・レット・ミー・ダウンfeat.デイヤ」が全米3位/全英2位の大ヒットを記録し、同年夏に発売した「クローサーfeat.ホールジー」が全米14週のNo.1をマーク。2017年は「パリ」(全米6位/全英5位)と、コールドプレイとのコラボ曲「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」(全米3位/全英2位)が2曲連続でヒットし、同年の年間シングル・チャートでは、「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」と「クローサー」の2曲がTOP10にランクインする快挙を達成した。

 “一発屋”と思ったリスナーも多かったであろう(?)、彼らがトップ・アーティストに上り詰めたのは、その時の流行をいち早く取り入れ、楽曲を進化させてきたことが理由として挙げられる。例えば、EDMが徐々に衰退し始めた頃には、トロピカル・サウンドや彼らの代名詞である“哀愁系”メロウ・チューンを取り入れたり、昨年4月に発表したデビュー・アルバム『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』では、日系アメリカ人のR&Bシンガー=ジェネイ・アイコや、カントリー・デュオのフロリダ・ジョージア・ラインといったバラエティ豊かなゲストを招き、また新しいサウンドを届けてくれたり。

 2018年第一弾シングル「シック・ボーイ」も、これまでのタイトルとは全くタイプの違う、攻撃性と屈折感のある重厚且つヘヴィな作品。最近のアーティストでいえば、トゥエンティ・ワン・パイロッツやイマジン・ドラゴンズなどを参考にしたようなロック要素、ロジックやGイージーなど、ポップ寄りのヒップホップ系アーティストを彷彿させる節もある。グラフィティ・タッチなジャケットも、ロックやヒップホップを意識してのもの、かもしれない。

 タイトルが示す通り、歌詞もポジティブに見せたネガティブな内容で、生い立ちやコンプレックスが恨み節に綴られたフレーズや、「自分の人生にはどれだけの“いいね”が付くか?」という、現代のSNS依存を問題視したような一節もあり、重い。同日公開のミュージック・ビデオも、後退色~寒冷色をバックに、淡々と、時に感情的に演奏する彼らの表情が恐ろしく、ピアノが燃え上がったり、ライトの当たった部分を透けて見せたり、身体が溶けだしたりするホラーっぽい仕上がりが、「シック・ボーイ」という曲の世界観を表現している。曲の意味(内容)を理解した上で見ると、結構コワい(もちろん、悪い意味での“怖っ”ではなく……)。

 楽曲は、メンバーのアンドリュー・タガートとアレックス・ポール、(ショーン・メンデス、デュア・リパを手掛ける)米ニューヨーク出身の女性シンガー・ソングライター=エミリー・ウォーレンが制作し、プロデュースは彼らに加え、カナダ出身のDJ/プロデューサー、ショーン・フランクが担当している。

 「クローサー」路線の新曲を期待していたファンには、衝撃を与えたであろう、ザ・チェインスモーカーズの新曲「シック・ボーイ」。同じところには留まらない、常に進化していく彼らの貪欲さと、それを形にしてしまうセンスに感服する。恒例となったフィーチャリング・アーティストなしというのも、売れ線を無視した、この曲に対する情熱のようなものを感じるが、果たして世間の反応はどうだろう。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「シック・ボーイ」
ザ・チェインスモーカーズ
2018/1/18 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・チェインスモーカーズ、新曲「シック・ボーイ」をリリース
エド・シーラン/ジャスティン・ビーバー/ドレイク/ザ・チェインスモーカーズ他、2017年の全米チャート記録を数字でプレイバック
ザ・チェインスモーカーズ/ゼッド/カイゴ、今年Spotifyで最もストリーミングされたダンス・ミュージック曲TOP15発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy