体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード HOT BUZZ SONG】今市隆二のソロ「ONE DAY」が初登場首位に、TWICEは動画再生数で2位から5位を独占

【ビルボード HOT BUZZ SONG】今市隆二のソロ「ONE DAY」が初登場首位に、TWICEは動画再生数で2位から5位を独占

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週はRYUJI IMAICHIの「ONE DAY」が首位を獲得した。

 本作は、三代目 J Soul Brothersのヴォーカリスト、今市隆二のソロ・プロジェクト第一弾。配信限定リリースされダウンロード数で初登場首位を獲得、ツイート数も5位とリリースにあわせて大きく上昇している。

 続く2位はLiSA「Thrill, Risk, Heartless」。RYUJI IMAICHI「ONE DAY」と接戦を繰り広げたが僅差でダウンロード数2位に。ツイート数も7位と、少し及ばず【ホット・バズ】で2位となった。

 そして、3位は動画再生数で初登場2位となったTWICE「Candy Pop」。動画再生順で見ると、「Heart Shaker」(3位)、「LIKEY」(4位)、「TT」(5位)と2位から5位をTWICEが独占。250万~320万回という高い再生数で今年も動画での話題は健在だ。その他、back number「瞬き」も4週連続トップ5入り。ラジオなどの露出を通じて、ダウンロード数をキープし続けており、まだまだチャートインが続きそうだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年1月22日付)
1位「ONE DAY」RYUJI IMAICHI
2位「Thrill, Risk, Heartless」LiSA
3位「Candy Pop」TWICE
4位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
5位「瞬き」back number
6位「Reboot」東方神起
7位「NO DOUBT」Re:vale
8位「TT」TWICE
9位「あなた」宇多田ヒカル
10位「Be The One」PANDORA feat.Beverly

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】今市隆二ソロ第一弾と水樹奈々ベスト盤がDL初登場1位、安室奈美恵ストリーミング首位キープ
【ビルボード】SKE48「無意識の色」が305,192枚を売り上げ総合首位獲得 ダウンロード急伸のRYUJI IMAICHI「ONE DAY」が総合3位に初登場
三代目JSB今市隆二『LOVE or NOT♪』でソロ第一弾シングルMV&メイキング公開「本当に自分の色が出た」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。