体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月21日はなんの日?』カリブが生んだ80’Sディスコ・キング、ビリー・オーシャンの誕生日

『1月21日はなんの日?』カリブが生んだ80’Sディスコ・キング、ビリー・オーシャンの誕生日

 1月21日は80年代の全米ビルボードチャートでヒット曲を連発したソウル/R&Bシンガー、ビリー・オーシャンの68歳の誕生日。

 ビリー・オーシャンは1950年1月21日、トリニダード・トバゴ生まれ。8歳で家族とともにイギリスに渡り、10代の頃からロンドンを拠点に歌手活動をスタート。1976年にシンガーとしてデビューを果たし、その甘い歌声でディスコ全盛期の80年代に大ブレイクを果たした。オーシャンの代表曲といえば、ディスコ・ブームの波に乗り初の全米ビルボードNo.1ヒットを記録した「カリビアン・クイーン」。そして、その翌年には「ラヴァー・ボーイ」(全米2位)、「サドンリー」(全米4位)と立て続けにディスコ・ヒットを連発し、86年にはマイケル・ダグラス映画『ナイルの宝石』のテーマ曲「ゲット・タフ(When The Going Gets Tough)」と「サッド・ソングス(There ll Be Sad Songs)」の2曲が全米首位獲得を達成している。90年代以降は大きなヒット曲こそないものの、現在までに10枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。

◎Billy Ocean – Caribbean Queen (No More Love On The Run)
https://youtu.be/9f16Fw_K45s

関連記事リンク(外部サイト)

『1月19日はなんの日?』サザン・ソウルの大御所、ウィルソン・ピケットの命日
『1月17日はなんの日?』80年代にガールズ・バンド旋風を巻き起こしたバングルス、スザンナ・ホフスの誕生日
『1月13日はなんの日?』70年代ニュー・ソウル・ムーヴメントの立役者、ダニー・ハサウェイの命日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。