体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お酒最弱の2人が「ビアポン対決」に挑戦!ゲーム後に動けなくなったのは…

1ヶ月に渡り、キャンピングカーでアメリカ横断していたTABIPPO編集部。「アメリカ横断でやりたい66のこと」と題して様々な企画を実施してきましたが、その中でも誰の得にもならない謎の企画がありました。

編集長の前田塁とプランナーの長沼茂希は「お酒が全く飲めない」のですが(氷結2本を飲みきれない弱さです)、なぜかこの2人がある勝負をすることになったのです。

ある勝負とは……

「ビアポン対決」のことです!!!!!(アメリカらしくバドワイザーで勝負しますよ)

 

「ビアポン」って?

まずルールについて、Wikipedia先生で確認しましょう。

ビアポン(Beer Pong)は、テーブルの両端に置かれた水もしくはビールが入ったカップに、ピンポン玉をテーブルの両端から投げ入れあう競技である。(出典:wikipedia

ふむふむ。相手の前に並ぶビールのカップめがけて、ピンポン玉を投げるということ。正式なスポーツとしてはビールを飲み干す必要はないようですが、どうやら今回はビールを飲んでいく方式で勝負するようです。なぜお酒弱い2人がこの勝負をするのか、何度も言いますが完全に謎です。

カップには1〜2センチほどのビールしか入れていないので、まあ普通の人がやったら楽勝すぎるゲームです。

一丁前にビール持ってキメ顔ですが、全然お酒が飲めない2人。

お互いの前に6個ずつカップを配置。テーブルの下にすでにこぼしたような跡が見えますが、気にしないでください。

ピンポン玉を用意して、いざゲームスタート!

 

いよいよビアポン対決!

さあ、前田が先攻でゲームスタート。狙いを定めて、カップをめがけてピンポン玉を投げると……

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。