体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然の死から10年、ヒース・レジャーの姉が想いを語る

突然の死から10年、ヒース・レジャーの姉が想いを語る

信じ難いことに、ヒース・レジャーが亡くなってから今年で10年経つ。

2008年1月22日、当時28歳だったヒースは、処方薬の併用摂取によって突然この世を去った。そして先日、この10回忌の節目にヒースの姉が愛する弟への想いを語った。

雑誌『People』が伝えるところによると、姉のケイト・レジャーは先日、ゴシップ誌『WHO』のインタビューを受け、ヒースの元フィアンセのミシェル・ウィリアムズとその現在12歳の娘、つまり姪にあたるマチルダとは今でも定期的に会っており、この姪こそが「私たち家族の喜びの源」で、悲しみから一家を救ってきたと打ち明けた。

また、ケイトは、ヒースが亡くなったときにはまだ幼かった子供たちに対して、叔父にあたるヒースの話をよく聞かせているという。

「弟の話をしない日はないわ。私たちの家では弟は生きているの」とケイトは語る。

それでも、ケイトの子供たちは、ヒースの話を母親から聞くよりも、実際に大画面でヒースの出演作を観てこそヒースの存在をより理解できるようだ。しかし、ケイトは、ヒースの作品を観るのがいまだに辛いと明かしている。

「これは、私たち家族が常に乗り越えようとしてきたことだけど、画面を通して弟の動く姿を見たり、声を聞くのはやっぱり辛い。だけど、こうした画像や映像が残っているおかげで、子供たちと弟のことを一緒に共有できるからありがたい」と語った。ヒース・レジャーの出演作を観れることは、皆にとっても、ありがたいのは間違いない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

キアヌ・リーヴスも出演!『ジョン・ウィック』スピンオフTVドラマが製作へ
スタンフォード大学の学生で乗馬に夢中!ビル・ゲイツ娘の暮らしぶりとは
96歳の女優ベティ・ホワイトが明かす、一風変わった長寿の秘訣とは?
オバマ前大統領、ミシェルさんの誕生日をオープン前のレストランでお祝い!
ダニエル・ラドクリフがドラッグの運び屋に!『Beast of Burden』予告編が公開

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。