体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロの探偵が語るスマホを盗聴器にする手口とは

プロの探偵が語るスマホを盗聴器にする手口とは

近年は、盗聴という行為のハードルが下がりました。スマホやPCといったデジタル機器を使った多種多様な盗聴が非常に増えています。従来の電波式の盗聴器は、一般の人には遠い世界の特殊な機器と思いがちですが、携帯電話やスマホなら身近な存在。プロの探偵にスマホを盗聴器にする手口を聞きました。

スマホはある意味最強の盗聴ツール

各キャリアでかけ放題プランが当たり前となり、通話料金を気にしなくていい利点が携帯端末での盗聴行為をさらに容易にしました。最近では、夫婦やカップルの片方がパートナーのスマホにアプリを入れ勝手に監視する方法が多く見受けられます。

アプリを入れさえすればスマホが盗聴器になるわけですから、対象者本人が何の疑いもなく持ち歩いてくれる上、ネット/電話回線経由のため受信距離も関係ありません。スマホはある意味最強の盗聴ツールです。

よく使われるのが、遠隔操作系の「Cerberus(ケルベロス)」、ICレコーダー系は音がある時だけ録音する「Dictaphone(ディクタフォン)」、カメラ系だと動体検知して撮影する「セキュカム」などでしょうか。

スマホの盗聴器化に技術は必要ない

近しい人間からの被害としては、新しいものに買い換えて使わなくなり、自宅に放置してあるスマホなどに、上述したようなスパイアプリをインストールされ、気づかない間に盗聴器や盗撮器にされてしまっている事例もあるようです。

スマホの盗聴器化を行うのは、浮気を疑った夫婦や恋人間で多く見受けられます。特別な技術が必要ないため誰でも簡単にできてしまうことが、盗聴・盗撮行為が増加する要因の1つでしょう。

また、会社で社長室にICレコーダーが仕掛けられていたなんて話を我々の業界ではよく聞きます。リアルタイムで知る必要がない場合、後日回収してじっくり聞くことができる点では有利です。現在は1週間くらいバッテリーが持つものもあるので、情報収集という観点からいえば手軽で簡単、実用的というわけです。

一概にはいえませんが、浮気への疑念やいやがらせなど身近な関係の場合はスマホアプリ、対象者の弱みを握る目的などで社内に仕掛けられる場合はICレコーダーが利用されるケースが多いようです。

関連記事リンク(外部サイト)

盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy