体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山本耕史、結婚して起きた変化は?

山本耕史、結婚して起きた変化は?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。1月18日(木)のオンエアでは、俳優の山本耕史さんをゲストにお招きしました!

過去に舞台で共演したこともある別所と山本さん。「最近、一番楽しいことは?」と別所に質問され、プライベートでの生活の変化について教えてくれました。

「結婚してからは、全然、生活が違う。僕はずっと夜型で、時間があれば2時、3時でも飲みに行く感じだったんですけど、今は20時前に眠くなる…5時半とか6時に起きますね。子供がワアワアいうので起きるのもありますけど、あまり夜飲みに行くことも無くなりましたし、意外と朝早く起きていろいろやるのも悪くないな、と。20代の時に、夜中に飲みに誘ったりして失礼だったし、すごいことしてたと思います(笑)」(山本さん、以下同)

そんな山本さんは、この度、映画「ジオストーム」の吹き替えに挑戦しました。この作品は寒波など異常気象が機械の暴走により起こるというハラハラドキドキのディザスター映画です。

「僕が注目したのは人間関係なんです。ディザスター映画でありながら、とてもヒューマンドラマというか、家族を思う気持ちや恋人を思う愛など、人間の繋がりが見どころなのではないかなと思います」

吹き替えでは、上川隆也さんが兄のジェイクという役、山本さんはその弟のマックス役。「対象的な兄弟で、兄は感覚型の大胆な人、弟は国務省で働く頭も堅い大胆になりきれない人。その2人の衝突もあったり…」と役どころを紹介してくれました。

また、山本さん演じるマックスの恋人役の吹き替えにはブルゾンちえみさんが挑戦しています。ブルゾンさんについて「声に艶があるんですよね。多方面で活躍する人を最近見て、『すごいな』と感心しました」とその印象を語りました。

映画「インデペンデンス・デイ」の製作チームの新作ということで、「映像もすごいですよ。ドバイや東京も出てきてまさにハリウッド! という作品。ぼくも映画館で見たいなと思ってます」と大推薦していました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy