体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度の失言だけで「この人はナシ」と判断してない?本当に大切なのは… by アルパカ子

一度の失言だけで「この人はナシ」と判断してない?本当に大切なのは… by アルパカ子 f:id:zexyenmusubi_honnest:20180121195411p:plain f:id:zexyenmusubi_honnest:20180121195429p:plain

婚活で相手に「えぇ…?」と思うような、違和感のあることを言われたら、どうしますか?

多分、私も含め「この人はナシ!」ってなる人がほとんどじゃないかなと思います。

…が、私の妹は婚活パーティーで出会った、その相手と結婚しました。

「ええっマジで? その時点でないわー、次!!ってならない!?」と聞いたところ。

「最初はイラっとしたけど、話は合うし、後で連絡先を聞きに来た時に『緊張してしまっててすみませんでした』と謝ってくれたから連絡先を交換した」とのこと。

最初に印象がマイナスになったのに、こんなこともあるんだ…とびっくりしました。

一方、第5回にも書いたように、私はネット婚活でのメールのやりとりで「え?」と思うようなことを言われたら、それでやりとりを終わりにしていました。

当時の私は相手と一週間に一通、長文メールを送りあっていたので、じっくり読み返して表現を変更することもできるメールでそういう物言いをするということは、本心からそう思っているからだと感じていたからです。

結婚してからわかったのですが、当時は婚活相手としてやりとりしていた現在の夫も同じ考えだったとのこと。メールは一日置いて読み返し、大丈夫かどうか確認してから送っていたそうです。

しかし、メールとは違い、対面で話さなければいけない場や、LINEのように即返信しなくてはいけないスピードを求められる場では、相手も自分も失言してしまう可能性は高いもの。

そういった場で大事なのは、失言そのものではなくその後のリアクションなんだなと、妹の話を聞いて思いました。

さらにその咄嗟のリアクションはより素の姿に近いはずですので、相手のこともより理解できますよね。

素直に謝れる人なのか、相手の受け取り方が悪いと怒る人なのか、しまったと思っても謝れない人なのか…。

就職の面接でわざと素を引き出すために全く関係ない質問をすることがあるように、素の姿はその人が本当はどういう人なのかを判断する材料となると思います。

そして素の姿は本人の努力と意思なしでは、そうそう変えることはできません。

結婚すれば変わる、子供が産まれれば変わる、そういうことはほぼないと思った方が良いです。人はそう簡単に変わることはできないし、男性にとっての結婚、子供ができることは、名前が変わり働き方が変わり、出産で体が変化する女性ほどには、自分を変える人生の転機にはならないことの方が多いように思うからです。

結婚出産後に訪れるのは別人のように変わった相手との新しい生活ではなく、今ここにいる相手との日常の延長です。

だからこそ、相手の素の姿で判断することは何よりも大事だと思います。

妹は今、子供も産まれ幸せな家庭を築いています。

もし婚活パーティ―であの時、「この人はナシ」と判断していたら今の生活はなかったでしょう。

パーティーや面接、LINEなどじっくり返事を考えられない場で「え?」と思うようなことを言われても、すぐにナシと判断しないで相手の様子を見てください。

特に触れないようなら、こちらから突っ込んでみても良いと思います。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。